可愛くてナンボ!

wendymilfy.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 02月 22日

ミルちの「お助かり食材」登場♪

数日前には春の風の匂いを感じたと思ったら、また真冬に逆戻り・・・の ウチミル地方です。今日もサブい・・・。

ヒトがオリンピックに夢中になっていようが、ナンだろうが、ミルちはのんびりほっこり過ごしています。
忙しくなるのは、食べ物の気配を感じた時だけ・・・(笑)

食べ物の気配を感じると、「こんなに可愛いんだから、ください、それ。」というお顔をします。
うん、可愛いのはよ~く知ってる。(笑)
c0159512_14181293.jpg
ヒト用の食べ物の時であれば、「これはちがうよー。」と 知らん顔を決めこむのだけれど、
そこはミルち、実力行使で「よっこらしょ!」と 傍まで歩いてくる。顔、近いよ!ミ~ちゃん!(笑)
こうなるとヒトの負け。犬が食べちゃイケナイ食材以外は、ちょびっとだけおすそ分け。
でも、視線は大きい方を持っている方の手をガン見、、、こっちのは無理だからっ。(笑)

やっちゃいけないコトとは分かっていても、もぉ14歳。
「こんなぽっちあげなかった位で、あと十何年も生きられるわけぢゃぁあるまいに。」(悲しいかな、それが現実。)
そう思うと、こんなぽっちでも小さなシアワセを感じて貰えるなら良しとするんである。

相変わらず、毎回の様に書いているけれど(笑)
フード も お肉 も 野菜 も お米 も・・・が ミルちのご飯。
一週間スパン、一ヶ月スパンで適量を満遍なくが基本。肝心なのはあげ方なのだと思う。個別にしたり、時間差だったり。
消化を考えると歳を重ねる毎にシンプルになってきています。
若い時よりも免疫力が落ちてくるのは抗えないので、我が家は生肉は避けてほぼ過熱食。
勿論、古来から犬に生肉は最適な食材なのだろう。でも加熱食を全く否定は出来ない。
だって、古代の犬は加熱してくれるヒトが居なかっただけのコト。今時の犬とは違う。

どちらにせよ、「これが正しい。これで体調を崩すのは身体がオカシイ。」という専門家(?)の意見を信じて、
それが本当にその子に合わないのに、信者になって続けた挙句、
下痢をし続けさせたり嘔吐させ続ける意味がどこにあるのだろう?

○○食だけを食べていれば病気にならない、老化も防げる、すんごい長生き・・・なんて事はまず信じないし有り得てない。
ただただ、出来る限り補うだけ。

ひとつの意見に偏る事無く、飼い主にしか分からないその子の食性を探ること。
そんな事を大切にしてきた、でもアバウトな『お食事処か~さん』も、もう10年以上になります。ほぼ、趣味(笑)。

そんな中、ひとつ注目してきた食材は、、、。
日頃、オットは「サメ喰ってれば間違いない!」と言い切り、ここ数年ミルちに毎日サメのオヤツをあげています。
確かにサメの力は侮れない。
関節は勿論のコト、
ガン細胞にも効果有り、という研究報告は良く知られている通りです。(諸説あり。)
今迄切除してきたミルちのプニが、良性であったり、
軽度の悪性だった血管周皮腫に留まって、切除後再発もせず、「3年以上再発していないのでもう大丈夫でしょう。」と
センセイに云ってもらえたのも、もしかしたら「サメ効果」?と、少しだけ(笑)思っているのです。

ただ最近、ヨシキリ鮫のオヤツの取り扱いが減ってきているのか入手困難な傾向になっていて、
「困ったねーー。」とボヤいていたところ、、、

もぉ、本当に助かる食材が♪
こんなものがあったらな~、と思うものを作ってくれる「キチドク!さん」には本当に感謝です。

・フカヒレ軟骨トロトロ煮の「ラクラク ポルカ」
  サプリのお世話にもなっているけれど、やっぱり食材から摂るほうが身体にも優しいのでしょう。
  ちなみに、高品質はいつものコト♪のキチドク!さん、これもヒトだってOK。
  ミ~ちゃん、ちょっとチョウダイ(笑)

・家では処理し辛い トリッパ(牛第二胃)、ハラミ(牛横隔膜筋)、ホルモン(豚小腸)を柔らかく煮込んだ
 「ホルハラッパ」
c0159512_14175796.jpg
ミルちだったら、1日に一個くらい。
解凍してご飯に加えます。
c0159512_14180504.jpg
いつものご飯にプラスできるお助け食材。
なるべく傍にいてあげたい我が家にとっては、時間短縮にも繋がるので本当にありがとう、の逸品です。

ミルちのご長寿・鉄板食材がまたひとつ増えて、嬉しいウチミル・キッチンになりました。


[PR]

by wendymilfy | 2018-02-22 15:25 | ちょっと、かなりイイモノ | Comments(6)
2018年 02月 17日

ウっち、19歳の生誕祭♪ 代えられないもの・その1

実家の父がインフルBになったり(もう回復傾向)、ミルちと一緒に居たり(笑)、
オリンピックに夢中になっているうちに、今日はウっちの19回目の生誕祭です。
おめでと~~!
と言いつつも、生誕祭のウっちに朝からお祈り。
「おねがいよぉ!ゆずくんとしょうまくんにメダル取らせてあげて~~!
 けーじくんもよろしく~~~!」
・・・いやはや、本当にスゴいコ達だ。こちらも、おめでと~~~!
ウっちもありがと~♪

c0159512_16423910.jpg
バースディケーキの代わりに、ウっちが大好きだった「キチドク!さん」の、どらやき♪
この日の為に、とっておいたよ。タバちゃんと一緒に食べてね。
後にミルちのお口に入ります(笑)
c0159512_16424735.jpg
16年5ヶ月も一緒にいたウっちとの想い出の品は沢山あるけれど、
このラバーブーツも14年位のお付き合い。
当時、足場の悪い競技会場で履く為に購入したもの。
スニーカーの時と違って、水溜りやぬかるみの多い会場内を「ずんずん♪」と気にせずに歩く事ができた。
まだ、ちょっと短めの長靴スタイルが多かった中、ラバーブーツを愛用した先駆者だと勝手に自負しているのです(笑)。
まぁ、長靴には変わりないけど・・・(笑)
c0159512_16425609.jpg
このお気に入りのラバーブーツを履いた時、ワタシの左足元には必ずウっちがいた。
デコボコの歩き辛いリンクの中を、必死でちょこちょこ、ちんまりと歩いたり座ったりしてくれた。
ウっちと一緒に歩いた歳月と想い出が増えるに連れ、愛着が益々湧いてきた。
だから、履いた後は靴底まで綺麗にして、今でも大切に愛用している。

年々、色もデザインも少しづつ変り、「あ、これも良いな。」と思うものもあるけれど、
古くなろうがナンだろうが、やっぱりコレに代わるラバーブーツは無いな、と思う。
そんな、大切なワタシのラバーブーツです。

ウっちゃん、ママはまだこのラバーブーツを大切にしているよ。

考えてみたら、そんな代わりのない大切なものがまだあるなぁ・・・古くなったのに(笑)

さてさてミルちですが、お陰様で変らずに元気にしています♪
c0159512_16430543.jpg
後脚が「よいっしょ!」になるので、介助したりもありますが、
ごはん目指して小走り♪も、まだまだ健在。
食べ物・命♪の14歳8ヶ月、ありがたや、ありがたや♪

余談だけど、、、
ここ1ヶ月以上、ほぼ毎日きんぴらを食べています。ヒトが、です。
きっかけは、ただ食べたくて久々に作っただけ。ところが、何故か後を引く美味しさ(笑)歳のせいか?
最近では夫婦で争奪戦(笑)
そして腸の働き良すぎーーー。
昨年の夏以降、落ちた体重を戻したいのに、戻らない。(コレはこれで大変なのよ!)でも食べたいの、きんぴら が。
小さな声で言ってみたい。ダイエットしたいなら、きんぴらごぼう!
ウチミル家、今、きんぴらごぼうが熱い毎日です。


ウっちゃん、19歳おめでとう♪
あの可愛い、まんまるキョトンの瞳を見て云えないのが寂しいけど、
それでも、変らずに愛を込めて・・・。 ママより。

[PR]

by wendymilfy | 2018-02-17 17:41 | メモリアル | Comments(2)