可愛くてナンボ!

wendymilfy.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 09日

あのコ達の贈り物


来るぞ!と言われていた台風ですが、幸いな事に「あれっ?」という感じで通り過ぎていたウチミル地方です。
それでも、油断は禁物。
もう日本全国、いえ世界規模で、これ以上災害による被害が出ない事を祈るばかりです。

加えてこの酷暑。
ウっちが若い頃は、夏でも朝の内ならば、アタマのてっぺんをあっつくしながらも
「あひゃ♪あひゃ♪」と、へっちゃらで走り回っていたものだけれど、ここ数年はもぉ無理っ!
暑さの質が違う気がするっ!

ウっちとミルちがシニアになってからは、暑さに対してはとにかくナーバスになった我が家。
排泄だけが散歩の目的では無いけれど、天候に左右されて、排泄をガマンさせるなんて言語道断なので、
チーもウンPも、部屋で出来るようにしておいて良かったと思う夏でした。
とは言え、ミルちはウンPだけは「できれば外派♪」だったので、台風でも若いうちは近場までは出ていたけれど。

ましてやこの暑さぢゃ、排泄だけ・・・の数分すら、外気にさらしたくない。
ハイシニアなら尚更、元気な子だって危険レベルかも知れない。
正直、そんな過保護なまでの心配性の積み重ねが、将来に繋がると思っていた。
「・・・こう異常に暑いと、今年は、うち、犬が居ないぶん、心配事がなくて良かったかもねーー。」と、
複雑な心境で頷きあうワタシら夫婦です。


近況報告と致しましては、、、
フォトフレームを3人揃えたので、写真も替えてみた。
あ~、やっぱりうちの子たちって、ほんっと可愛い!!(バカ親は永遠)


c0159512_11593863.jpg


そして、先日、尊敬するブロガー・えりぱ氏(「コリーですの。シェルティですの。」)より、
「ミルちの近況報告(ワタシが勝手に命名)」を頂きました。
実はこれで多分3回目。
とにかくシチュエーションと言い、その態度(笑)と言い、「まさしくミ~ちゃんだよね!」と、オットと納得。


c0159512_12004686.jpg


亡くなる前少し前に、最初は 謎の「茶色いカゲロウ」として、えりぱ氏の前に現われ、
亡くなった数日後に「ママからお電話ですよ~♪」と伝えたかったのか、再び、えりぱ氏の家に現われた「茶色いカゲロウ・ミルち」
その時、彼女は電話に出られなかったのだけれど、着信履歴でワタシの名を見た時、
その「茶色いカゲロウ」が現われた時刻と同じだったそうだ。

ミルちが亡くなった直後(10分足らず)に頂いたメールが、
当時、頻繁にメールのやりとりをしていなかった彼女だった事は虫の報せかも知れない。
「実は・・・」とミルの訃報と共に返信した際に、彼女は全てを理解されたと後日教えてくれました。
その事を教えてくれた彼女のメールを受け取ったのは、奇しくもミルをお空に還している真っ最中の斎場。
前後の出来事やシチュエーションに不思議なご縁を感じたことは否めないのです。

えりぱさん、今回もミルちがお世話になり、ありがとうございました。
温かいお気持ち、いつも感謝しております。

ミ~ちゃん、ママはこういう感受性がからっきしダメ!なもんだから、
きっと、えりぱさんを頼ったんだね。



思えば、ミルちが居なくなってからも、沢山の温かさに触れているウチミル家です。
「大丈夫ー?」「元気ー?」と、さり気なく気遣ってくれるお仲間も居てくれます。
我が師匠も「今度、食事会でも計画するから来てね!」と、笑顔で言ってくれます。

これは本当にウっちとミルちが紡いでくれた、大切なご縁なのだと、今更ながらに思います。
あのコたちの大きな贈り物だと、日々感謝しています。
改めて、皆さん本当にありがとうございます。



お仲間はみんな知っています。
「そのコを失った悲しみや寂しさは、そのコ自身でなければ埋めることはできない。」
だけど、それでも、そして、、、
「犬を失った悲しみや寂しさは、犬でしか埋めることはできない。」

「二度とこんな思いはしたくないから、二度と犬とは暮さない。そのコの想い出を大切に生きていく。」事も、ひとつの選択肢。

ひとつ言えるとするならば、
「新しいそのコと暮すという事は、今迄の経験(失敗も含め)、想いを、そのコに注ぎ込んでいく事。
 それが基になり、そうやってまた愛情を育てていく。だから、そのコは新しいこのコの中で生きている事にもなる。」
のではなかろうか?

だって、亡くなった犬との生活が「もぉ、犬はかんべんっ!」と思うものになっていたならば、
「もう一度、犬と暮したい!」とは思えないだろうから。

ウっちはワタシにとって唯一無二のシェルティであり、
ミルちはワタシにとっても、唯一無二のゴールデンレトリーバーになってくれた。
いや、もっと言っちゃえば、
ウっちは犬でもシェルティでもなく、「ウっちゃん」という唯一無二の存在であり、
ミルちは犬でもゴールデンレトリーバーでもなく、「ミ~ちゃん」という唯一無二の存在だ。



そして、そう思える様になる迄には、相当のエネルギーが必要だという事を、残念ながら(笑)ワタシも知っている。




[PR]

# by wendymilfy | 2018-08-09 17:14 | ありがとう | Comments(2)
2018年 07月 24日

想い出を着せてみた。

ミルちが雪遊び旅行で着ていたウェアを自分でリメイク。
ちびミルちに着せてみた。(笑)
c0159512_18591453.jpg
数年前に洗って保管していたのに、裏にはミル毛ぇがいっぱい付いていた。
久し振りに洋服が毛ぇまみれになった(笑)
犬の毛ぇが付くのが嫌なら、犬と暮しちゃダメ!だと思う、
命の危険を伴う災害レベルの酷暑の日でした。
皆さん、お気をつけ下さいね。


[PR]

# by wendymilfy | 2018-07-24 19:11 | メモリアル | Comments(0)
2018年 07月 09日

49日と3年目の命日とメモリアル

早いもので、今日はミルちの49日、そして、ウっちの3年目の命日です。
正直、たかだか49日過ぎたくらいでナニも変りません(苦笑)し、
3年経ってもウっちの事は1日だって忘れません。ふんっ(絶賛やさぐれ中。)
あーーーーっつ!ウっちとミルちにご飯作りたーーーい!!(最近は、ヒトと一緒。)

それでも先々週末は、長年の友・グウママと、遠路遥々来てくれたマクハラ母さんと、
横浜で飲茶ランチを楽しみました。
相変わらずキャラの濃いお2人との楽しい時間は、本当に元気を貰いました♪ありがとう。

先週は、夏休みが始まる前に!というコトで、わんSが居る時は行くことの無かった「初・ディズニー・シー」に
休日のオットと傷心おでかけ。
決めたのは前日(笑)。
一応調べたらば、私に断わりもなしに(ナニ様状態。)入場料がめっちゃ値上がっていてちょっとびっくり!
ディズニー系、20年近くはご無沙汰だったからねーー。で、いつの間に・・・?(そりゃそーだろ。)

何故か、子供限定と聞いていた「デビューシール」を貰い、
パーク内で会うスタッフの兄さん姉さんに「(デビュー)おめでとうございます♪」と言われ続け、
その上、何故か、ナニやら超レアなプレゼントまでして頂いた喪中の中年夫婦(笑)。

非日常の世界で、目星を付けていたアトラクションも幾つか楽しみ、ディズニーってやっぱり癒されるぅ、と実感。
そして、ウっちとミルちも連れて来てあげたかったな、と、これまた非現実的な事を思ふ。
(恐らく、一緒に居たと思いたい。)
で、あまりの暑さにめげ、2時半には退場、3時半前には自宅着(高速めちゃ空き)にて、W杯のベルギー戦に備えて爆睡の中年夫婦。
今回は急に決め、暑さに負けたけれど、今度は、友達も交えてゆっくり楽しもう♪と思うのでした。
でも、やっぱり平日に限るなっ(笑)。(にも関わらず、結構混んでた(汗))

ディズニー・シーの目的はただひとつ。ゴル飼いにもファンが多いと聞く「ダッフィー」(笑)
シニアになってお顔が白くなった感じが似ていて可愛い。
誰かが持っているのを見るにつけ、「それ、ちょーだーい?」と、
奪いそうになる(例え、子供でも)気持ちを押さえ続ける事、数年(笑)。

で、勢ぞろい♪(そうそうしょっちゅう行かれないので、つい・・・。笑)
向って左から、ダッフィー、ちびミルフィ、ちびウェンディ。なかなか良いゴロ合わせ(笑)
c0159512_16321088.jpg
一番小さいダッフィーが着ているユニフォームは、別クマのを着せています(オットの仕業。)。
小さいセーラー服ダッフィーにはちょっと工夫を・・・。
背中に「ごめんね。」と言いながら縫い目のところから穴を空け、中の綿を取り除き、
タバサ、ウっち、ミルちの毛ぇをsそれぞれ小袋に詰めたものを入れました。
バッグに付けても良いかな。(危ない中年オンナ。)


このところ、災害が続いています。
なるべくわんSのものも整理をし、大切なものはひとまとめに収納するようにしています。
水用食器はまだ出したままだけれど、ごはん食器はプチプチにひとつずつ包み、割れないように収納しました。
(割ってしまった時用に、予備に買っておいた新品のキチドク!さんの食器の大中小も、まんま収納中(笑))

そして、出先で何か起こるかも知れない、という不安もあります。
少しでもあの子達の想い出、残して逝ったものを守る為に、
とりあえずウっちとミルちのカロートペンダントには、それぞれ小さなボーンと毛ぇを入れました。
(以前は抜けた歯と毛ぇだったけれど。)
少しでも想い出を肌身離さず持ち歩く為、自分なりに色々工夫をしています。

写真もそろそろ選ばなくてはいけないのに、まだまだ気持ちがついていかなくて出来ていません(汗)
きっと膨大な枚数になるでしょう。
大枚払ってカメラを買った時、タカラノモチグサレにならなきゃ良いけどね、と冗談で言ったけれど
そもそもわんSの可愛さの実力を撮るためにだけ(笑)買ったワケで、
元々カメラ・レンズはタカラモノではないけれど、写真は本当に宝物になった。
フォトフレームも用意しているので、いい加減決めないといけないなぁ。

そんな事を考えたり、している時、ほんのりと温かい気持ちになる今日この頃です。
そして、そんな宝物が自分に元気を与えてくれるような気持ちになるから不思議です。







[PR]

# by wendymilfy | 2018-07-09 17:34 | メモリアル | Comments(0)
2018年 06月 29日

絶賛、応援中。

片付けやら、色々ありますが・・・、
とりあえず、絶賛応援中です。

あの後、セネガルが一点取っちゃってたら?!・・・とか、余計なコトは考えない(笑)
何はともあれ、もう暫く楽しめそうです。


みる
c0159512_15432670.jpg
c0159512_15434609.jpg
頑張れ!日本!!!
ウチミル家は、サムライブルーを応援します。(ナンのCM?)



[PR]

# by wendymilfy | 2018-06-29 15:51 | 日常 | Comments(0)
2018年 06月 19日

ミ~ちゃん、15歳おめでとう♪


6月18日はミルちの15歳のバースディです。
本当は生きていれば、、、だけれども、27日程足らないくらいなんでもありません(笑)
あれだけ頑張ったミルちなので、スペシャル・アディショナルタイムのご褒美です。
神様から戴いてきた15本目のキャンドルをポケットに入れる時、
慌てて落としちゃったのか、てっぺんの所がすこ~し欠けてしまったのでしょう。あわてん坊だね。

だから、今年はパパとママが代わりに灯を灯したよ。
c0159512_14423156.jpg
今年は、3歳の時からお願いしていた「キチドク!さんのご長寿ケーキ(勝手に命名)」は無いけれど、
パパが、ケーキとメロンと良いお肉(笑)、そしてお花を買って来てくれたよ。嬉しいね。

c0159512_14424032.jpg
ミルちの15歳のお誕生日は、オットとワタシ、ウっちとタバサ、そして「本日の主役・ミルち」と5人で
ひっそり、のんびりとお祝いしました。

正直、ミルちがほぼほぼ15歳まで生きてくれるなんて、、、願ってはいても叶うとは言い切れなかった。
ただ一年一年、祈るように、ただただ懸命に一緒に生きてきたように思います。
本当に良く頑張ってくれたね。ありがとうね。

ミ~ちゃん、思えば、毎年、沢山の方々にお祝いして頂いたバースディだったね。
お友達を始め、毎週の様に通っていたカフェの方や、ショップの方まで。
2~3歳の頃、お誕生会のサプライズや、
おもむろに棚から服を取り出し、ミルちに着せてくれて
「うん、ミ~ちゃんはやっぱりピンクが似合う♪これ、着てね。
 スタッフ一同からのプレゼントです。」なんてサプライズもして頂いたね。

沢山の方に、美味しい物もいっぱい頂いたね。
6歳の「祝・復活バースディ」の日には旅行にも行った。覚えてる?

今、想い返しても、本当に沢山の方に可愛がられて、ミ~ちゃんは幸せだったね。

パパとママも、ミ~ちゃんのバースディをお祝いできる事が本当に嬉しかったよ。
c0159512_14003843.jpg
c0159512_14012302.jpg
c0159512_14020192.jpg
ミ~ちゃん、15歳おめでとう。
産まれて来てくれて、パパとママの子になってくれて、本当にありがとう。
ミ~ちゃんがうちの子になってくれた日から、パパとママは本当に楽しくて、
何だかんだ言ってもやっぱり毎日笑っていました。
ミ~ちゃんは我が家に幸せを沢山運んで来てくれたね。
ミ~ちゃんの姿が見えないのはとっても寂しいけれど、沢山のミ~ちゃんの笑顔の想い出は、
やっぱりパパとママを幸せにしてくれます。

抱えきれない程の愛を持って産まれてきてくれたミ~ちゃん。
これからもずっと、愛してるよ。

パパとママより。




そして、後になりましたが、
昨日の地震で被害に遭われた方のお見舞いを申し上げます。
1日も早く、元の生活を取り戻せますようお祈り申し上げます。

我が家が災害の事を思う度、今迄一番心にかけていたのは、タバサ・ウっち・ミルちの事でした。
東日本大震災の時、幸いにも大きな被害が無かった我が家でしたが、
私達は出勤していて、あの子達だけでした。
どれ程怖い思いをさせてしまった事か・・・今でも心が痛みます。

あの子達を見送った時、まず最初に感謝した事は、
事故でも災害でもなく、家で天寿を全うさせてあげられた事でした。
災害などは自分ではどうにもならない事はあるけれど、そこだけは守ってあげられたという気持ちに近かったと思います。

今、我が家は守るべき小さな命の心配が無くなりました。
それはとても寂しい事ではあるけれど、気が楽になった事も事実です。

そう思っていたのだけれど、、、
新たに勃発したのが災害時の「ボーン問題」。
本当はしかるべき場所に埋葬する方が良いのだと分かっていても、まだ手放すことはできないままです。
そうする限り、私達にはそれなりの責任があります。
とりあえず、万が一落ちて骨壷が割れてしまった時、せめて散乱しないよう白い布で袋を作り、
下から骨壷をカバー(っていうの?)ごと しっかり包み、上から服を着せました。

生きている時は生かす為の心配をし、亡くなってからも心配をする・・・。
時に、無性に亡くなった子達が「嫌な思いをしていやしないだろうか?」と心配すらしてしまう。
今や魂ですら守ってあげたい気分だ。
私の心配事は尽きることがありません・・・(苦笑)





[PR]

# by wendymilfy | 2018-06-19 15:21 | ありがとう | Comments(4)