可愛くてナンボ!

wendymilfy.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 10日

お気に入りの一枚。

然程「カメラまめ(筆まめみたいな。)」では無いけれど、「可愛いうちのコ」の一瞬を留めておきたくて、
気が付けば、「おわっ!」と思う程、数え切れない量の写真を撮ってきました。
当然、気に入った写真も数え切れない程増えるわけで、飾ったり、持ち歩いたり「親バカ状態」です。
今でもウっちの写真を見る度に、「んんん~~~っ♪可愛いっ♪」っと、悶絶するは、日常茶飯事。
今となっては想い出の数だけ、、、その一枚一枚がウっちとの大切な時間となって残っています。

その中でも特にお気に入りなのが、この写真。
c0159512_22123167.jpg
一度ブログにもアップした事があるけれど、
ウっちが10~11歳くらいの時、駒沢公園でお散歩している時に、オットが撮ってくれていた一枚。
「さぁ、撮りますよ~♪」といった風ではなく、自然な、何気ない一枚という感じが好き。

この写真を初めて見た時、
「あぁ、やっとこんな感じで歩けるようになったんだなぁ。」と、とても嬉しかった事を憶えている。
それは、ウっちと一緒に歩き始めた、あの怒涛の日々の頃から、ワタシがひたすら憧れ続けた後姿だった。

やたらと興奮し、ワタシのスニーカーの紐を齧りながら、たった10mもまともに歩かなかったウっち。
楽しいはずのお散歩が、ふたりのケンカの時間になる。そんなウっちとの散歩が苦痛になった事も事実だ。
そんな時期を過ごし、ただ前だけを見つめ、張り切って歩き続けるウっち。
色々な必然が重なり、訓練を始め「ぴったりと横に付き、ママの顔を見て歩くこと」、ONの時間を覚えたウっち。

どんどん成長していくウっちに誇りを感じたけれど、ワタシが本当に求めていたのは「ウっちとの会話」だったと思う。
(勿論、訓練時には訓練時の会話があるけれど。)
だから、お散歩の時は、ちょっと離れようが、何処を見て歩こうが、別段かまわないのだ。
のんびりとした緑の中の遊歩道、たかだか120cmのリード上での自由だ。
それに、そんな「ON」だらけのお散歩が楽しいはずも無い。

季節毎に咲く草花や、その香り、聞こえる音、春夏秋冬の空気の暖かさや冷たさ、その匂い、、、
いつものお散歩道の移り変わりを、五感で一緒に楽しみたかった。
「ほら、見てごらん?」「びっくりしたね~!」「なんか匂う?」「あちぃね~!」「サブいね・・・」
「あ、いい風が吹いてきたね~」「アンヨ、熱くない?」
そんな他愛の無い言葉をかけながらのんびり歩いた。
声をかける度に、「ん?」っと、あのきょとんとした目でワタシを見たり、
聞こえないふりをして、すっとぼけたりのウっち。
でも、ふと気が付くと、楽しそうにワタシの顔を見上げながら「あはぁ♪」と笑っているウっちと目が合ったり。
それで充分だった。

時には、小型犬に親の敵の如く吠えられても「しれっ」として歩くウっちを見ていた方に、
「全然、気にしないで、怒りもしないで、、、。おりこうさんですね~。」と褒められたりもしたけれど、
本当は、ただ怖いので「みちゃダメ!ダリもいない(誰もいない)! ほいてない(吠えてない)!」って、
必死な顔でやり過ごすウっちだった事も知っている(笑)
だって、お耳はピン!としっかり横を向き、目は挙動不審に泳いでいたもの。
外面の良さはなかなかのモノだったね、ん?ウっち(笑)

あの頃、毎日の様にふたりで手を繋いで歩いたわんわん通りは、おうちの窓から今も見えるよ。
こんな後姿で歩くママとウっちが、「早く、誰かとココに戻っておいでよ。」って、
夕方になるたびに呼んでいる気がするけれど、まだまだ戻れそうにないや。
ううん、まだ戻らないよ。心に決めた事があるからね。


ワタシの心の中で、この写真はあの頃の様に、今も変らず会話をしています。
「ウっちゃん、お散歩だね~、楽しい?」
「うん、たのし~よっ♪」 










[PR]

# by wendymilfy | 2017-02-10 23:07 | メモリアル | Comments(6)
2017年 02月 09日

繋がってます。&ウチミルご飯

小雪チラつくウチミル地方から、お寒ぅございます。

これは、休日のおとうさん と 添い寝する娘 の図。
「あんたたち・・・、よく寝るね。」と、思いながらも、↓の通り、クッションがジャマそうだったので、
ご親切にのかしてあげようと思ったらば、

「なんだよ~、せっかくハートでつながってたのにぃ。」

「・・・・・。」(一瞬、固まったワタシの「間」。)

ぁ、ワザと置いておいたんだ、こりゃ、失敬。

一体、どこまでお互いが大好きなんだっ?!(笑)

c0159512_17295995.jpg

『お食事処か~さん』

・牛スジをほろり、と炊いたので、シャケと鶏のローストと一緒に。
 目ぼしい野菜が無かったので、キチドク!さんの「LIVING ENERGY」でフィトケミカル補充。
 欠かせないスープ「PRASAD」も、ひたっ♪と。
 他、ピヨカル(Ca)・B&Bイースト、リンゴ酢、サプリ各種&漢方薬&ハーブ各種
c0159512_17294163.jpg
 

・一足先に、バレンタイン♪気分。キチドク!さんの「ラブ弁」
c0159512_17283599.jpg

  鶏レバー&ハツ、キウイと一緒に。
c0159512_17285279.jpg
・たまのお楽しみ、松坂くんのフィレ。
c0159512_09243895.jpg
c0159512_17290917.jpg

[PR]

# by wendymilfy | 2017-02-09 18:06 | 日常&ごはん | Comments(2)
2017年 02月 08日

オゾン療法12回目を終えて。

晴天続くウチミル地方から、こんにちは♪
放置だらけのこのブログですが、覚書はきっちりと・・・(笑)

昨年10月28日から始めたミルちの「オゾン療法」が、2月5日で12回目を終了しました。

一応、費用のお話をすると、
病院によって違いはあると思いますが、我が家の病院の場合、、、
1クールが全12回(内、2回は無料)、療法前に一括でお支払いするので、
オゾン療法だけで通院する限りは、それ以上の費用は掛かりません。
が、ペット保険は適用外です。ざんねん!

料金設定は、各病院によっても若干の差が有るようなので、ここで明確にするのは避けますが、
1回¥2.?00~かと思います。(それよりも低料金の場合もあるかも知れませんが。)

我が家の療法目的は、3年程前に発症した椎間板ヘルニア(かも?)以来の若干の歩行困難(それでもかなり回復)、
それに伴うかも知れない痛みの軽減が最優先。
と、同時に、加齢による後脚の弱り具合のフォロー、そして、免疫力の向上。

さて、全12回を終えての感想は、、、(今迄書いてきた事と、ほぼ重複するけれど)
「劇的に効いた!!」という程でもなく、歩行の調子が活発な時と そうでも無い時の波があったりするけれど、
それでも、「緩やかに元気を維持」しています。
時には、(食べ物が絡むと(笑)小走りにもなります。
ミ~ちゃん絶好調♪の時は、リードを軽く引っ張る程度までサクサク♪歩きます。
もぉ、「訓練犬ど~した?!」は、この際どーでもよろし!(笑)コレが元気のバロメーター。
ちょっとヨロける?という日でも、療法前の調子の悪い時から比べたら、かなりの改善が見られます。
特筆すべきは、初回のオゾン注入後の変化は自他共に認める変化っぷり。
表情が生き生きしていましたし。(&益々可愛くなったり(笑))
先生によっては、注入して3日目くらいが絶好調♪というお話もあります。

何より、寝ている時の呼吸の安定感があります。
夜中に「ヘケヘケ・・・」と、ウロウロすることも無くなり、良く寝ています。

やっぱり、痛みがあったのかな・・・?可哀想だったね。

勿論、この療法をしたからと言って、病気がピンポイントで治るだとか、
免疫力UPでガンにならない、だとかの過大な期待はしません。

ただ、何かプラスアルファが在るように思える事は否めない。

この2ヶ月半程、主治医の病院とは別に掛け持ち状態でオゾン療法に通い続け、経過観察をしてきたけれど、
「この状態を保てているのだから、やっぱりやめられないよね?続行しよう!」と、夫婦で決めました。

各獣医師の考えもあるでしょうし、療法を扱っていない病院もあるけれど、
少しずつ、療法を始めている動物病院も増えているようです。

都市伝説よりは大いに信憑性がある!(笑)と、冗談で言ってみるものの、
もしかしたら、もっと凄いことがミルちの中で起きているのかも知れない、、、
そんな風にも思える「ウチミル家のオゾン療法体験日記 ~元気になったり可愛くなったり、忙しい~」でした。

「オゾン療法と、その効果」・・・信じるも信じないも、アナタ次第です。



[PR]

# by wendymilfy | 2017-02-08 18:14 | ケア・療法食等 | Comments(0)
2017年 01月 23日

仕上げは、吸います。


シャンプーで洗い、ドライヤーでふっ飛ばした後の仕上げは、吸います。

こうすると、室内にぽわぁ~♪と、そこはかとなく漂う毛ぇが減ります。

パピーの頃から掃除機にはめっぽう強いミルちの得意技(違う。)

c0159512_19213996.jpg
c0159512_19205292.jpg
c0159512_19211591.jpg
c0159512_19220643.jpg

c0159512_19221887.jpg
良い子の飼い主さんは真似しないでね? あしからず・・・(笑)


[PR]

# by wendymilfy | 2017-01-23 19:40 | 日常 | Comments(10)
2017年 01月 15日

最近のコト&セミナーのコト

暖かい日から一転、散歩中に耳が「きぃーん!」と痛くなる程に寒い週末になったウチミル地方です。

先週は京都からキャンプ等でお馴染みのわん友さんが来てくれて、ミルちも久々に再会♪
駒沢のアイバロさんや、ニコタマに行き、楽しい時間を過ごせました♪
久し振りにお会いできたアイバロママさんやスタッフのお姉さんに、ミルちもおシッポが揺れます♪
ミルちと同い年のバーニーも、13歳なりに(いや、それ以上に(笑))元気そうで一安心。
会う度に可愛がってくれたバニ母さんに、ウっちもウっちなりに懐いていたっけ(笑)(そーいうコなもんで。)
懐かしい話に時間も忘れ、これからもこんな時間を過ごしていきたいなぁと、心から思った。
バニ母さん、ありがとうございました♪ また、来てね♪
そして、お邪魔した時はヨロシクね(笑)♪


さて、先日はキチドク!さんのクッキングクラスのスペシャルショットとして、
マリーペットクリニック 遠藤麻里 先生 によるセミナー、
『動物の身体に負担の少ないオーダーメードの治療で生きる力をサポートする』 を受講して参りました。
ランチョンセミナーとのコトで、用意していただいたお弁当をも~ぐもぐ♪と食しながらの、
気の張らないセミナーでした。(KINOKUNIYAのヘルシーなお弁当が美味しかった♪)

犬に、如何にストレスをかけないように暮していくか?という事を考える人は多いと思う。
食事も勿論大切だけれど、犬が落ち着ける場所を作ることも重要。
躾けにしても、「怒られるから言うコトをきかなくちゃ。」というような、常にオドオドさせるような生活も、
ストレスの第一要因で、寿命の一端にも繋がるように思う。

さて、いつもながら(笑)掻い摘んだ内容としては、
五行を基に、四季それぞれの養生のお話の他、偶然、「オゾン療法」の話もあり、
気になっていたことも質問できたりで、正味一時間のセミナーながらも、得るものは多々有りました。

丁度、午前中に10回目のオゾン療法を受けてきたミルちです。
やっぱり やって良かったね。


ちなみに、私はセミナーを受ける時、本を読む時、肝に銘じているコトがある。
様々なセミナーを受けたり、本を読んだり、獣医さんの話を聞き「知識」として頭に入れる事と、
それを実行する事とはまた別の話。
「ナンか違う、うちのコには合わない」と思えば、それはもはや「知識」ではなく捨て去るものもある。
だいたい、ワタシの脳内のキャパはそんなに広くない・・・(笑)

決めるのは飼い主自身であり、責任を持つのも飼い主自身。
獣医師も講師も執筆者も、誰しも「これが正しい」と思って提唱しているのだろうけれど、
それに頼り過ぎても、ちょっと不安。犬の身体は(特に今時の)十羽一カラゲで括れるものではないのだから。
酷い話になると、
「言う通りにしたのに・・・」と言ったところで、
「言うとおりにしなかったからですよ。」とか、都合の悪い事は「それは、関係ない。」と、言われるとか。
結局、誰も責任なんか取ってくれない。(取れとも思わないけれど。)
だから、自分自身で納得いく方法を選んでいくしかないのだし、それが妥当。

そんな中、キチドク!さんの主催するセミナーやわん友さんの話しは、私にとっては信頼できるものであり、
わんSと暮してきた日々に、ふんわりとスパイスを効かせてくれています。
勿論、担当医のピリっとしたスパイスと共に・・・(笑)


セミナー前のクラスに参加していたシェル友さんと偶然再会できたりして、これまた嬉し♪
出逢いは十数年前、ウっちと出ていた競技会場。
あのコ達は逝ってしまったけれど、こうして紡いでくれているんだね。

遠藤先生の優しい笑顔とお話と、懐かしいわん友さん、そして美味しいランチ(笑)、
ほっこりとした冬の1日を過ごしたのでした♪
[PR]

# by wendymilfy | 2017-01-15 00:15 | お勉強 | Comments(6)