可愛くてナンボ!

wendymilfy.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 31日

土用の美味しい物祭り♪

やっと梅雨明け、ウチミル地方。暑い日が続きます(汗)

ミルちも朝のお散歩と、夜、暗くなってからのお散歩以外は、こんな・・・(笑)
c0159512_15202065.jpg

もぉ、ウダウダです・・・。

土曜日の土用の日というコトで、鰻を求めてお買い物です。

丁度、キチドク!さんのキャラバン隊が、新宿・伊勢丹でデリの販売会やりますよ~♪とのお知らせを頂き、
しかも、今回は予約可能なので、買いっぱぐれが無い♪という嬉しいシステム。

そろそろ、『お食事処か~さん』にも飽きてくる頃か?(笑)の、ミルちの為に、クーラーバッグ片手にお出掛けです。

Mちゃんと、ナンダカンダとお話をしながら、「あ、やっぱりコレも~♪」とデリやデイリー食材を追加注文し、
「あ、やっぱり小さかった、このクーラーバッグ・・・」と、思いながらも何とか詰め込み完了(笑)
お友達も時間差で来ていたみたいで、会えなくて残念っ。

その後、とっとと伊勢丹のデパ地下でお買い物です。
どちらかと言うと、祖母の様に食材中心のお買い物。
お肉や野菜や調味料など、近所ではあまり手に入らないものが買えるのが楽しみ♪
色とりどりの美味しそうなデリにも魅力を感じるけれど、買ってみると「あれっ?」というのも在ったり(笑)。
やっぱり毎日食べるのならば、自分の味が一番飽きないのかも知れません。

混まないうちに鰻もゲット♪ 
いい加減疲れたので、いつもの様に「思いがけず・・・の大荷物」と一緒にご帰宅。
あとは、のんびりひえひえ~♪の休日です。


☆いつもの『お食事処か~さん』
 ・鶏レバー&ハツ、牛肉、酵素野菜&青パパイヤ、キャベツ(生)&紫蘇の葉&ピヨカル(Ca)+リンゴ酢
  (シュウ酸の多いキャベツは、結石の心配がある場合、煮る時には煮こぼしてからあげると良いそう。
   Caと酢の組み合わせでCaの吸収力を上げたりするのは、リンの摂取時を考慮したり、などなど)
  あまり、水分量を多くすると栄養が摂取し辛くなる場合もあるので程々に、との事なので、
  朝の便の硬さの具合や、その日の行動範囲、運動量、気温を見て、スープ等の水分量を決めます。
  食材によっての違いもあるけれど、大概の調節はこれでできます。  
c0159512_15192525.jpg


 素人故、いちいち、偉そうに書くことも憚られるので割愛しているけれども、
 そんなこんなで、他にも使う食材の効果や注意すべき点を考慮しながら、でも、ゆるーく(笑)やってます。

 
☆今日のキチドク!祭りはこんな感じ。

 わんSは家族だけれども、ヒトではないので、家庭犬として必要なことはやってきました。
 食事に関しても、全く同じというワケにはいきません。
 でも、ワタシ達の食事に対する羨望の眼差しを、どーーーしても無視する事が出来ない親バカです(笑)
 
 デイリーなメニューの他に、たまにはわんSだってこんなのが食べたい♪
 という願いを叶えてあげられるキチドク!さんのデリに、ありがとう♪

  ・ひんやり!キューブ寒天
  ・夏野菜のフォカッチャ
  ・アーモンドミルクパン
  ・ホームメイドバンズのやわらかパティのビーフハンバーグ
  ・サーモンの焼きプリン
  ・夏スタイルの治部煮
c0159512_1520881.jpg


 ・・・で、今夜は夏のキチドク!祭り♪
c0159512_15194776.jpg

 
 おダラけミルちも、この時ばかりはシャキーーン♪と復活(笑)
 ミ~ちゃん、暫くはお楽しみが続くよ♪
[PR]

by wendymilfy | 2016-07-31 16:35 | 日常&ごはん | Comments(4)
2016年 07月 24日

ウっちゃんGo&ウチミルご飯

この週末は、なんちゃらGo で、日本中が盛り上がっているようですね(笑)

我が家では、、、
キッチンには、初めて「お手!」の練習を始めた時のウっち、
ワタシの帰宅をじっと待っていたウっち、その他もろもろ。

お風呂場には、脚の毛ぇをチョリチョリされるのが嫌で、チャカチャカと逃げ回り、
「立って、待て!は? ぢっとしてないとヤギ脚になるよ?いいのっ?!」と、叱られウっち。

リビングでは、ヘソ天で寝たり、ご飯をぴょんぴょん♪跳ねながら待つウっち。

いつもの公園にミルちとお散歩に行けば、
「あ、ママだぁ♪」 と、嬉しそうに走って来たウっち、
訓練中のウっち、とことこ歩くウっち。

ニコタマに行っても、どこに行っても、あっちこっちにウっちがいる。
もぉ、毎日が「ウっちゃんGo」だ(笑)。

同じように、「タバちゃんGo」バージョンも有り。

ふたりとも、ゲットできたら良いのにね。

ゲームのコトは良く分からないけれど、そんな風に思った週末です。


『お食事処か~さん』
 ・キチドク!さんのウマウマパーフェクト(鹿肉)&馬肉(生)少々
  キャベツ&紫蘇の葉、サーモンオイル、
  週末に買ったDiaraさんの「青パパイヤ」(生タイプ)・・・酵素がたっぷりだそう。
  サプリ各種&漢方薬(ハーブ類はお休みの日) ほか。
c0159512_22384896.jpg


 ・鶏胸肉皮付き(舞茸&サンゴヤマブシ茸と一緒に煮たもの)&煮汁
  キャベツ&ブルーベリー&キウイ(ピヨカル(Ca)&リンゴ酢)
  小豆カボチャ、フィールグリーンの「いわしと乳酸菌」(レトルト) ほか。
c0159512_223963.jpg

[PR]

by wendymilfy | 2016-07-24 23:05 | 日常&ごはん | Comments(0)
2016年 07月 21日

「ギー」を作る&3連休

梅雨も明けていないのに、既に暑さに飽きています・・・。

暑い3連休でした。
初日は実家へ行き、父と、一足早く鰻で景気づけ。肝吸いもグビっと飲み干し、気分は土用。

2日目、
クーラー大活躍の毎日ですが、最近「ふぉーーん!」と、頑張る音が・・・。
「だっ、だいじょうぶっ?!そんなに頑張っちゃって!」と聞きたくなるような必死音(?)にオットが動いた。
フィルターだけではなく、本体内部の掃除です。ここはプロの領域、頑張れーー。
やっぱりね、音も空気も違う・・・(笑) ひんやり、そよそよ♪ ミルちも快適そうにzZZzzz。
夏、クーラー命です。

☆体力勝負の夏に備えて、わん友さんも愛用している、「ギー」を作ってみました。
  インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」、以前、本を読んだりしたもののなかなか実行に至らず・・・(笑)

  オイルにはSmoke Pointを知る事が大切だそうで、その中でも「ギー」は高温値。
  掻い摘むと、オージャス(免疫力)に溢れ、全てのオイルの中で最も純粋なオイルとされていて、
  消化力も高めてくれる・・・らしい。

  で、無塩バター(ここ大事。)を鍋に入れ、火にかけ、溶け出したバターの表面の白いクリームを丁寧に取り除きながら
  弱火でじっくり・・・云々。
c0159512_21154862.jpg


  できたーーー♪ 炒めたり、パンに塗ったり・・・、万能オイルです。
c0159512_21155790.jpg


☆キチドク!便 も、到着♪ 「酵素」も意識したメニューです。
c0159512_2116316.jpg



『お食事処か~さん』
 ・馬肉、カボチャ&冬瓜&キュウリ&セロリ&ニンジン&PRASAD少々のスープ、
  パイナップル他、POPGUN(ハトムギロースト)、サーモンオイル 他。
c0159512_2116161.jpg


 ・豚肉&ブルーベリー&水菜&ブロッコリースプラウト&ハトムギロースト 他をFPで。
  舞茸&サンゴヤマブシ茸の煮汁、
  メカブ&牛肉(リンゴ酢&ピヨカル(Ca) 
  サプリ各種&ハーブ各種&漢方薬
c0159512_21163599.jpg


 ・キチドク!さんのエイジング・ケア・デリ、牛肉少々(半生)、サーモン、うずらの卵
  山芋&オクラ、PRASAD、POPGUN(ハトムギ・ロースト) 他 、ギー少々。
  サプリ各種&ハーブ各種&漢方薬
c0159512_21181516.jpg


☆ニコタマで晩ごはん♪
  可愛いミルちを、見せてあげる(笑)
c0159512_21164722.jpg


変らずに、のんびり♪マイペースな3連休でした♪
[PR]

by wendymilfy | 2016-07-21 22:53 | 日常&ごはん | Comments(2)
2016年 07月 16日

ミルち、腎臓ケア&検査結果の覚書。

そうそう、先週末にミルちの血液検査をしたので覚書・・・(汗)

4月末にデコのぽっち摘出手術の際に、血液検査で腎臓の尿素窒素が若干高めな事が判明。
クレアチニンの数値は0.3と基準範囲内なので、腎不全とまではいかないけれど、、
一応、フードは腎臓ケアを薦められ、ウっちの時と同様に手作り食との併用で様子を見る事にしました。

そこで、ちょっと思い立ったのは、「腎臓ケアフードの効果って、どれ程?」というコト。結構、今更・・・(笑)
だもんで、ここ一ヶ月程は、ほぼケアフード中心にしてみました。結構、冒険・・・(笑)
 (加齢性とは言え、「慢性腎不全」と言われたウっちの時には、逆にフードだけ、が怖かったのが本音。
  そこまで療法フードというモノを信用できていなかった部分もあります。)
一応、野菜など酵素は足してみたり、手作りのスープなどはあげてみたりはしたけれど、
病院からのフードと、自分で見つけたフードの2種類を週代わりで・・・。

結果は、尿素窒素も基準値内に下がり、クレアチニンも変らず基準値内でした。ブイっ♪
個体差はそれぞれなので一概には言えないけれど、
ミルちにとっては、少なくとも、療法フードの選択は合っていたようです。
便、体重、体調も変わりなく好調。ここ大事。
水素水は、特に飲む量が増えたワケでもなく、ただいつもの様に、お散歩の後などに飲ませていて、
ウっちの時程苦労もなく(笑)自然に摂取させていたので、
以前も書いた気がするけれど、
正直、医学的にも腎臓をどーの、こーのと言えるものでもなさそうなのでナンとも・・・だけれども、
何かをキープするコトは出来ていて、悪くはなかったんぢゃない?と、思います。


他の数値も、肝臓値が若干高い(赤印)他には、特に心配な点は無く、
「この年齢(13歳)にしては、赤マークが無い方です。」 と、院長先生にも褒められました。

まぁ、数値が全てではないし、日々変動するものでもあるので油断は禁物だよね。


というコトになったので、今後も引き続き、朝は処方フードをあげる日もあるけれど、
それまでの食事内容を大幅に変えるコトも無く、一方では、ウっちの時に学んだコトも生かしつつ、
良質なタンパク質や酵素なども絶やさずに、出来る範囲でケアしていこうと思った次第・・・。

たまには友達と情報交換。
変らずに、その時々の自分のコに合ったご飯をあげています。
参考になるところは取り入れあったりして、とても心強い存在。


ここで、ウっちが居なくなってすっかり荒んだ飼い主(笑)のヤサグレ話。
昔、馬肉を買いに行った時、「馬肉以外のお肉はダメです!」的な(笑)話をされ、
まるで馬肉教の信者さん?と思ったことがありましたっけ。いくら馬肉屋さんだからって、アータ・・・。
あのお肉はココがダメ、と、アカラサマに非難。
「いーんだよっ、うちは鶏も、豚も、牛も、駝鳥も、鹿も、うずらも、カンガルーもあげるんだよっ!ついでにワニもなっ!」
と、思いながら話を聞いていると、そのヒト、犬は飼ったコトないとのコトでした。
確かに馬肉は良いたんぱく源です。ワタシは馬刺しも大好きです(笑)
何にでも言えることだけれど、
良いと思っているモノを薦める気持ちは分かるけれど、それ以外は全て悪、排除!という、
ともすれば、嫉みも混じるような攻撃的な考えにはちょっと、ね。

良い事を言いながらも、結局は営利目的なのでしょうが・・・。(そのお店、今はありません。納得(笑))
どんなに良い物を扱っていても、薦めるヒトの人柄って大切よね?と思った昔話でした。


そんな事をいつまでもぢびぢびと語っているヒマもないので(笑)、スルー。
ミルちのお散歩後の水分補給シリーズ(という程のものでもない。)
 ・スイカ&ショウガ&紫蘇の葉のドリンク ・・・本当はFPにかけたかったけど、割愛。
c0159512_22574988.jpg



様々な情報が飛び交い、ともすれば、今迄の概念を覆すような事を言えば売れるだろう、と言う様な情報に
惑わされそうな昨今。
便利なんだか、不便なんだか、、、正直分からなくなってきている今日この頃です。(笑)
[PR]

by wendymilfy | 2016-07-16 23:08 | ケア・療法食等 | Comments(0)
2016年 07月 11日

「がん対策メニュー」クッキングクラス。

奇しくも7月9日に、KitchenDog!オーナーの南村さんのクッキングクラスを受講してきました。
昨年の「腎臓・肝臓疾患対策メニュー」以来、2度目の受講。
あの時は、どちらかと言うとウっちの為に申し込んだクラスだったけれど、
ミルちのご飯対策にも、とても為になっています。
こういうピンポイントの受講内容は、本当に助かる。

で、今回は、ゴールデン・レトリバーにとって宿命のように言われている「ガン対策」。
ミルちも、脂肪腫や軽度の悪性「血管周皮腫」の摘出手術等、色々出来易い体質。
デコのぽっちの摘出は記憶に新しいところです。

ヒトの都合に合わせて、改良されてきた犬種故に、ガン疾患も多い。
そんな話も、以前、聞いた事がありました。
他の要因も勿論あるだろうけれど、
そのツケを払わされているのは、犬達、そしてその飼い主なの?そんな思いもありました。
それでも、ゴールデンの魅力は無視出来ないよね?(実感。)

こんな時、私たちが一緒に暮らしているのは、野生動物ではなく「今時の犬」なんだなぁ、と強く思う。
なるべく自然体に、と思っても、大元がヒトの手である限り、ヒトの手で補わなくてはいけない部分が
どうしても必要になっているように思います。

そして、ワクチン。
犬を守る為のワクチンと、ヒトを守る為の狂犬病ワクチン。若い時はしっかり打っていました。
色々取り沙汰されているけれど、今迄それが原因と言える疾患には至っていないと思います。
でも、ここ数年の我が家は、その時々、年齢で接種を控えます。副作用がある事は否めないから。
(ここで、ワクチンの善悪を語る気はありません。)
心配な時は抗体検査もします。抗体はしっかり持っているようです。
ミルちは脳炎を患っているので、獣医さんの判断から接種出来ないワクチンもあります。
その時は、都度、獣医さんを通して役所に免除手続きをしてもらいます。


遺伝性と言われたり、誰しも持っていると言われるガンの素をどうしたら長く封印できるのか、
もし、なってしまったら? これはそう簡単な話ではないでしょう。
ただ、少しでも出来ることがあるならしてあげたい。それは自分自身や家族の為にもなる事。
そんな想いで、さぁ、お勉強!

医学的な内容も含め、栄養素の話など、解り易くレクチャーして頂きました。
詳しい内容は残念ながらアレですが(笑)、とにかく多方面に渡って「なるほど!」。
効果のある食材や、気をつけるべき点など、出来る事は多々ありそうです。
今後のご飯作りに大いに役立てたい内容てんこもり、なのでした。

この暑さにダレ気味だったワタシのお脳に、「やる気スイッチ」が入った気分です。

昔、書店でこんなタイトルの本を見た事を思い出しました。
『ガンよ、驕ることなかれ』
ここ数日の私は、正にそんな気持ちです。



☆今回も2種類作りました。
  早速、その日の夜ごはんに♪ ウっちにもおすそ分け♪
c0159512_14272895.jpg



☆命日の夜、ウっちにもキチドク!祭り♪ 旬のピーチたっぷりのデザート。
c0159512_14273737.jpg



ここ数日で、大切なお仲間の大切なコが、立て続けに、ふたりも逝ってしまいました。
今迄、沢山のコたちがお空に逝ってしまった訃報を経験してきたけれど、
ウっちやタバサを見送る前と、後では、やはりまた違った感情があります。
悲しさや寂しさと共に、本当に頑張ったね、、、という想いで胸がいっぱいになります。
悲しみだけでは無く、見守ったご家族、そしてそのコたちを、心から尊敬します。
そして、やはり、なかなか上手く言葉にできる想いではありません。

今は、楽しかったあの頃を想い出し、元気だったままのあのコたちの姿を大切に、
心にしまっておきたいと思います。

また落ち着いたら、大切な想い出をそれぞれ持ち寄って、笑いながら思い出話をしようね。
きっと、私たちの事だから、ずっこけ話てんこもり♪で、きっと笑えるはず。
泣きたくなったら、その時は思いっきり泣こう!

あの頃も、あのコたちも、いつまでも色あせる無く、みんなの胸に永遠に居るからね。

これから蜩の声を聞く度に、あの夏の日の夕暮れ時と、「くだんねぇ~!」と大笑いした事、
思い出すんだろうな(笑)。
傍らにはいつもあのコたちが居たね。(ちょっとあきれ顔で・・・(笑))


そんな事を想う、相当へこむ数日間でしたが、まだまだ頑張らなくてはいけない私たちです、
[PR]

by wendymilfy | 2016-07-11 15:28 | お勉強 | Comments(0)
2016年 07月 09日

ウっち、あれから一年だね。

今日7月9日は、ウっちの命日です。
厳密に言えば、一年前の今頃はまだ生きていました。最期の戦いの真っ最中でした。

この一年、ウっちの不在と共に朝、目を覚まし、ウっちの不在と共に夜、眠りました。
「去年の今頃は、まだ居た。」と、何かにつけて想い出す一年でした。
・・・もぉ、この寂しさにはいい加減飽きたよ(笑)、ウっちゃん。会いたいよ。

7月の声を聴く頃になると、ほんの少しだけ塞がりかけたはずの、ぽっかりと空いた心の穴が、
ぢびぢび・・・と痛み出しました。

たまぁにウっちの夢を見る時があります。、
 「なんだ、死んでなんていなかったんじゃない!」 と、喜んだり、
 「ごめんね、ウっちゃん!」 と、号泣していたり・・・。
どうやら、夢の中の私の方が感情をストレートに出せているようです・・・(笑)
 「アトヘ!」と、笑いながら訓練している夢では、あの頃の様に、ちんまり♪と、私の左足元に座り、
 きょとん?としたあの瞳で私を見つめてくれるウっちが居ました。

おぼろげな夢ばかりだけれど、夢の中の私は必ずウっちを抱きしめて、抱っこしていました。
ウっちの毛の感触や匂いを感じていたように思います。

ウっちはいつだって傍に居る、と思う反面、
今頃、ウっちはどうしているんだろう?と、ぼんやり想う時もあります。

ウっちゃん、ママはこう思うんだよ。
ウっちゃんは今頃、自由に飛びまわっているんだろうけれど、
たまぁに寂しくなっちゃうと、抱っこしてもらいたくてきっとママのところに来るんだね?

いいよ、いつでもおいで。
いつだって待ってるよ。
[PR]

by wendymilfy | 2016-07-09 01:02 | ひとりごと | Comments(2)