<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 28日

タバちゃん、19歳6ヶ月の大往生。

殆ど、わんSのブログで、出番の少ないおタバのお局さまでしたが、
先日、10月27日の朝7時頃、19歳と6ヶ月ちょいのネコ人生を終え、
虹の橋へ向けて旅立ちました。

眠るような大往生でした。

少しずつ痩せていき、ここ数ヶ月、食べるご飯の量が減っていたので覚悟はしていました。
ご飯は食べなくてもお水は飲んでいて、そのお水もシリンジを使っても摂らなくなって3日目の事でした。

少しずつ内臓の役目を終わらせようとしている姿、とろとろと気持ち良さそうに眠っている姿を見て、
オットとも話し合い、病院へは連れて行かない事に決めました。

恐らく腎臓も悪くなっているので、血液検査や輸液の処置くらいはしてくれるだろうけれど、
それで、数日から数週間延命したところで、辛い思いをさせるだけ。
きっと、余命宣告をされて帰ってくるだけだろう、と。

長寿のコは増えているけれど、ネコの寿命といわれる14~5歳をとうに超え、
限界まできている19歳のタバサの身体に、余計なモノをいれる気にもなりませんでした。

だから、いつもの生活の中で、好きな時に逝かせてあげよう。そう決めました。
そして、タバサらしい最期でした。

ここ数日、くた〜っとした姿を見る度に、「タバちゃん、もういいんだよ。ありがとうね。」と、涙ぐむも、
暫くすると、ムクっと身体を起こして、「にゃぁーー!」、そしてクタっと横になり、瀕死をアピール。
ワタシ達がご飯を食べていると、またムクっと身体を起こし、「にゃぁーー!」
まるで、「まだ、いるニャっ!」と言わんばかりに、睨む・・・。コワいよその顔、タバちゃん・・・(笑)
もぉ、最期まで威圧系。

それでも、亡くなる前日の夜、殆ど歩けなくなっていたのに、
ワタシの顔をしっかりと見つめ、「みゃ・・・」っと鳴きながら、フラフラと歩いて来てくれました。
いつもの様に抱っこをして、私の膝の上で得意のお腹を見せたポーズで座らせました。
そしていつもの様に、「いーとまきまき♪」と、「糸巻き巻きの歌」(しかも振り付き・笑)
「・・・この期に及んで、ソレ、させるニャ?」と、睨まれたケド・・・(笑)

翌朝、いよいよ弱っていたけれど、
出勤するオットが「じゃぁね。」と、撫でると、「み・・・。」と、弱々しくもしっかりご挨拶。
タバサが息を引き取ったのは、オットが出勤した10分程後でした。

いつもの朝の陽だまりの中で、気持ち良さそうに眠るように逝きました。

見事な大往生だよ、タバちゃん。

大好きだったワタシ達のベットの足元のところで、昨日は1日寝ていました。
タバちゃんの定位置だもんね?

その日の夜、オットの帰りを待って霊園に・・・。
殆ど、誰にもお知らせせず、ひっそりと私達だけで送ってあげようと決めました。
持たせたものは、昼間用意したお花と、大好きだったケンタッキー。
鶏のボーンと一緒になると困るので、そこは骨なしを選びました(笑)

その中で眠るタバちゃんは、19歳過ぎと思えない程綺麗で可愛かった♪

仕事や外出時、うちのコ達に「待っててね?」と言うことが多いのが、とても辛いことでした。
でも、ウっちもタバサも、これからはずっと一緒に居られる、そう信じている自分がいます。
でも、いつも傍に居た姿が見られないのはやっぱり寂しい。

だから、いつか、きっとまたその姿に会える、抱きしめられる。そう信じています。
だから、それまでそちらの世界で待っててね?やっぱりそんな言葉が出てしまう。

そして、ワタシはタバサにも、言いました。
最後の、「待っててね?」を・・・。


正直、ウっちの時も思い出して辛かった。
あの時の記憶の痛みが、やっと少しずつ薄れ掛けてきたのに・・・
まだ、4ヶ月も経っていないのに・・・
でも、ご長寿トリオのウチミルタバサ、覚悟はしていたことです。それは我が家の誇りでもあります。

結婚して1年経つ頃に来たタバちゃん。
私達の結婚生活には、殆どタバちゃんが居ました。
霊園で待っている間、色んな想い出話をオットとしていると、
「こんな頃から一緒に居たんだねー。」と、過ぎた年月の長さを改めて感じました。


霊園の方の「今夜は月が綺麗ですねー。」という言葉に夜空を見上げると、
綺麗な月が、辺りを照らしていました。
ウっちは綺麗な青空の中に駆け上がって行ったけれど、
タバちゃんは、綺麗なお月様に駆け上がっていったんだね。

最近、青空を見上げてはウっちを感じていたけれど、
これからの月夜には、タバちゃんを感じることができるね。
だから、寂しくないよ。

掌サイズの時に我が家に来たタバちゃんは、また掌に乗るほど小さくなって我が家に戻りました。

親猫から離し、連れて来てしまった翌日の明け方、
「ちゃんと生きてるかなぁ。」と、心配になり覗いた寝床。
ベッドに連れて来て一緒に寝ると、いきなりワタシの脇の下を「モニモニ♪チュパチュパ♪」

「今日から、このコの親猫にならないといけないんだ!」と覚悟を決めた日の事を、
まるで昨日の事のように想いだすのにね。

ワタシたち以外にはなかなか懐かず、でも、それが返って、
「飼い主冥利に尽きる、ってこのコトね?」と、初めて思わせてくれたのはタバサでした。

まだまだ、想い出は尽きませんが、また、追々書かせて頂くかもしれません。

我が家の大切な家族です。
恐らく、もうネコと一緒に暮らすことはないだろう、と、私達に思わせる程、
特別な、そして最高に可愛いコです。

タバちゃん、ありがとうね。ホントに、本当に・・・。
タバちゃんに会えて良かった。一緒に暮らせて本当に幸せだった。

ウっちゃん、タバちゃんがそちらに行ったよ。もう、会ったかな?
くれぐれも、「わーい♪」って、チャカチャカと追っかけないようにね?
タバちゃん、苦手だから、ソレ・・・。(笑) 仲良くね?


取り急ぎ、タバサを見守って下さった方々にお礼を申し上げたくて記事にさせて頂きました。
皆さん、ありがとうございました。
[PR]

by wendymilfy | 2015-10-28 13:00 | ありがとう | Comments(8)
2015年 10月 18日

ヘルシー嗜好の秋です。

都心のデパチカ巡りにハマったり、風邪ひいたり、また風邪ひいたりーーー、、、
の、繰り返しで、すっかり10月も半分以上過ぎてしまいました(汗)。

お陰様で、ミルちは元気です♪
定期健診も変わりなくクリア。
アンヨの具合も新しく始めたヒアルロン酸バリバリのサプリや、
いつも頼んでいるコラーゲンのショップのオジさんが
「もう長い間買ってくれているから(9年位)、コレあげますから試してみて、」と言って、送ってくれた、
脳からの神経系に良いとされるグミのサプリ(ヒト用、買うと¥7,000くらい、良いのか?!))
が、効いているのか、いい感じです♪ およそ二か月分。
恐るべし、IQサプリ(勝手に命名)。ありがとう。

ここの純度の高いコラーゲンはウっちもずっと飲んでいて、最期まで毛艶が良く、毛量もあったのは、
きっと、これのお陰もあるんぢゃなかろーか?と思っています。
「なんちゃってシェルティ」から、「毛ぇの貧相な、たぶんシェルティ」へ、そして「りっぱにシェルティ」になったもの・・・(笑)
勿論、ミルちもふわふわ、ツルピカ♪ ヒヨコなみのぴよぴよ、ポワポワ感(笑)

でもって、お気楽なアクビ・・・♪ ・・・おヒゲがぼーぼー(笑)
明日はシャンプーだよ、切るよ、おヒゲ!
c0159512_1564023.jpg



そんなこんなの毎日で、ウチミルご飯のアップもすっかりご無沙汰です。(汗)
相変わらず、うちのコ仕様&自己満足的な内容です(笑)

ですがっ、
毎月楽しみにしているキチドク!さんのデリの販売会が、
17日、18日の2日間、新宿伊勢丹の「dog deco」内で行われたので、勿論、Go♪

いつも、美味しく&ヘルシーなメニューがてんこもりなのだけれど、
今回は、よりヘルシー志向でした。

☆ウっちも大好きだった「チキン・ポタージュ」、これは本当にお助けスープ♪ のほか、
  今回のチョイスはこんな風♪
c0159512_1564796.jpg


☆そして、いつもの素敵デリとはまた一味違ったメニューが、
  健康なわんこの毎日のごはん、「ヘルシー・デイリー・ベイシス」
c0159512_1565586.jpg

 
  関節のケア食、「ジョイント・ケア」
c0159512_157289.jpg


  腎臓のケア食、「キドニー・ケア」 ・・・ウっちは、本当にこの療法食に助けられたなぁ。 
  ミルちもすっかりシニアさん、週に一度位は腎臓に負担のかからないメニューを始めようと思います。
c0159512_157819.jpg


 療法食は、病院から買うドライやウェットが多いし、我が家も頼るところはあったけれど、
 こうして新鮮な食材で作られた手作りの療法食は、
 食材を制限されたわんこにとって、どれ程食べる事の楽しさを与えてあげられるか、という事を、
 ワタシは身をもってウっちの時に感じました。
 
 ウっちの時は、検査の度に腎臓・肝臓の数値を知らせて、都度、ウっち仕様の、
 オーダーメイド・デリとして定期的にまとめて送ってもらったりしていたけれど、
 制限されている中にも「え、コレもいいの?」という食材が沢山あって、毎回楽しみで飽きることがなかった。
 自分で作ろうにも、タンパク質やリンの壁にぶち当たり、ノイローゼ状態・・・(汗)
 それでも何とか、ドライフード&自家製のなんちゃって療法食への不安感を拭えたのは、
 ほぼ毎月、週に何回かでも、キチドク!さんの療法食をあげていたからだ。
 お陰で、14歳の発病(と言っても、老人性だけれども。)から16歳まで2年以上、
 ウっちの腎臓は、センセイも驚くほど、最期までキープできていました。
 亡くなる数日前の数値は、今迄で一番良かったくらい。
 最期の数ヶ月は波もあったけれど、亡くなる2日前までは、しっかり、美味しそうに食べてくれていました。
 
 たまに、こうしてキャラバンで販売されるキチドク!さんの療法デリは、ケアを必要とするわんこや飼い主さんには
 本当に助かるものだと思います。


☆で、勿論、昨日の夜は「キチドク!祭り」
  ・「世界で一番美味しい犬ごはん」 ・・・牛肉やサンマ、野菜の他、薬膳も取り入れたヘルシーご飯♪
c0159512_1571622.jpg


  ・デザートは・・・、
   ウっちもミルちも大好き♪ 「ピザ・バビンカ・ミニ」
   以前、オリジナルサイズを、旅行の時の晩ごはんとして持って行って、ふたりに大好評だったね。
   生地は大山鶏胸肉、くぅぅっ〜!なんて贅沢な。
   このサイズ、とってもお手軽で嬉しい♪ ウっちにもお供え♪
c0159512_1572722.jpg


 ゆきさん始め、キャラバン隊のみなさま、今回もありがとうございました♪

 キチドク!さんのデリを仕入れた帰りは、伊勢丹のデパ地下をウロウロ♪目移りするぅ〜!
 「あ、ここのコレ♪」という、自家製とはまた違った美味しさがあるので好き♪
 ヒトもわんSにも美味しいモノを買える週末って最高ーーー LOVEとうきょう。
 わんSにとっては、自然豊かな土地で暮すほうが幸せなのかも、思う時もあるけれど、
 こんなひとときは、「街のわんこも悪くなかろう。」と、勝手に思う、東京都の隣に住む県民(笑)。


☆すっかり肌寒くなった今日この頃、このふたりも距離も縮まる、ほっこり♪な秋です。
  タバちゃんの表情が、若干、微妙・・・(笑)
c0159512_157489.jpg


体調を崩しがちなこの季節、家族全員ヘルシー志向&ヘルシー嗜好でいきたいと思う、
ウチミル家なのでした。
[PR]

by wendymilfy | 2015-10-18 16:18 | ケア・療法食等 | Comments(2)