カテゴリ:訓練・競技会( 29 )


2008年 05月 30日

「ミルち」が出来るまで。。。

「それ」 は、気がついたら我が家にいて、目が合うと「にへら~」と笑っていた・・・
突然の事だったので、訓練仲間はメールで「家族が増えました~」と知らせても、
皆、冗談かと思っていたくらい突然だった。←衝動飼い・・・1番やってはイケない犬の購入方法・・・。
来てからの数日間、「それ」を溺愛するオットの 「ミルりん、う○ち出たよぉ~♪」の声は、
家中、何処にいても高らかに響き渡り、慌ててお玉や包丁を片手に駆けつけようとして、
ハッと我に返り、「そんなクサい報告はいちいちいらないし、キミが処理してくれればいいから!」と、
オットに申し渡した日々も懐かしい・・・。

c0159512_23263959.jpg


最初の数日間は、我が家の環境に慣れさせる事を優先させたけれど、
ご飯の時の「ピ~ピ~!」と鳴きながらのダイブにはかなりの迫力があり、
「このままいったらワタシが喰われる・・・」と思い、鼻ツラをピンと弾き、
「マテ!だよ!」と言いながら、まだ小さなお尻を押さえて、座って待つ、という事を教えた。

ウっちの時の教訓を生かし、ワクチン前から抱っこして、色々な場所に連れて行き、
様々な匂いを嗅がせ、音を聞かせた。沢山のヒトに撫でてもらい、抱っこもしてもらった。
特にゴル飼いの方々には 「このコ、やば~い!」と好評を博した・・・
それなのに、お散歩デビューでは歩かなかった。
ワタシ一人の時は、お散歩にならないお散歩にウっちが不憫だったので、
先にミル、後でゆっくりウっち、と2回に分けて散歩をした。
無理くりちょっとずつ引っ張りながら連れて歩けど、「抱っこがいいよ・・・クゥ~ン・・・」と 
ワタシの膝に小さな顔を乗せた困った顔の仔犬と、困った顔の飼い主は、いつまでも見詰め合っていた。
嫌がる仔犬を無理くりでも歩かせなくてはいけないこの身にはほとほと泣けた・・・。
けれど、このままでは何時まで経っても歩かないよ、と 訓練士の友人にも言われていた。
ある日、業を煮やしたワタシは
「あのね、ミルりん、何もいぢめてるワケぢゃないんだよ。歩かないとね、お散歩にならないんだよ。
だから抱っこはしないよ。」と、ミルち説得を試みた。
じ~ぃっとワタシを困った顔で見つめていたミルち。けれど次の瞬間、トテトテと一人で歩き出したのだ。
信じられないような話だけれど、事実なのですよ、これ。
それからは、♪マークを撒き散らし、徐々にお散歩を楽しむようになった。

最近、「叱らない躾」が注目されているようだけれど、ケースバイケースで、
要するに犬の悪い所が出る前に、その芽を摘み取ってあげる事のようだ。
叱らなくて済むようにするには最初が肝心なのだそう・・・。
特に意識したワケではないけれど、自然とミルの躾はそれに近い方法で、小さいうちに「アトヘ」で歩く事を教え、
ひどく引っ張る事をさせなくした。
ゼイゼイ・・・と舌が青白くなる程引っ張らせる事は、犬の気管にも良くないと聞いたからだ。
細いチェーンを装着し(ウっちのお古)、引っ張ると「アトヘだよ~」と、ちゃっちゃ・・・と 
軽くショックをかけ、ミルがワタシの顔を見たら思い切り褒めた。
けれど、公園の階段を降りている途中、撒かれていた砂を踏み、嬉しくなってエビ踊りを始めたミルに、
ウっちもろとも突き落とされそうになった時は、「オマエはワタシを殺す気か?!」と、真剣に、
思いっきり叱った・・・。コワかった・・・。
生後6ヶ月で、ウっちのトレーニングと一緒にお願いした本格的な訓練(担当はオット)も、
ウっちのそれとは正反対な方法だった。
わけも分からずただ毎日張り切って生きているミルは、ただただオットに ばびゅ~んと飛びつきながらも、
きゃっきゃ♪と横について歩いていた。
ワケも分からず、急に厳しくされ、思いっきりショックを掛けられながら、
大いにヤサぐれて歩いていたウっちとは大違いだ・・・ ウっち、当時1歳8ヶ月・・・。
2頭目とは言え、初めての大型犬。かなりの覚悟はしていたけれど、
彼女がいてくれたお陰でかなりお気楽でいられた事も事実だ・・。
そして又、沢山の事を教えられたと思う。
まだ、身体ができていないので、ボール遊びも軽くだったけれど、持ってきたら正面に座る事、
「出せ」の命令でちゃんと口から出したら、もう一度投げてもらえる事を学ばせた。
紐付きボールを使い、引っ張りっこをしながら保持力を高め、時にはヒトが負けてあげて自信をつけさせ意欲を引き出す。
もっともっと~、となっている内に「おしまい!」と言って切り上げる。
遊びとは言え、主導権を握るのはあくまでも飼い主。
こうする事で、なかなかモノを飼い主に渡さない、という問題の回避もできたように思う。
トレーニングから得る「主従関係」と「信頼関係」は、様々な問題を未然に防いでくれたとも思う。

パピートレーニングの遊びは、いつも会っている友達のわんS限定だった。
それも性格も良く、信頼できるゴールデンお姉さん達や、シェパードのお兄さん達。
よく転がされて遊ばれていた・・・
半年過ぎて訓練を始めてからは、犬同士のお遊びは禁止した。
パパが1番嬉しい存在にならなくてはいけないのだから。
昔、ウっちに「お友達」を作ってあげたかったワタシは、ウっちに襲い掛かってきた大型犬に咬まれ
(ウっちは無傷)てから、「一緒に遊ぶお友達」の必要性を感じていない。
訓練士の友達からも、「(他人の)成犬同士の遊びから犬が学ぶものは何も無いし、
飼い主との溝が深まるだけ。だた飼い主が見ているだけなんて言語道断、
それは飼い主の怠慢に他ならない。家庭犬は飼い主と遊ぶのが1番だし、
家庭犬のボスは飼い主。群れは家族。」 という事を教えられた。
我が家は競技も目指していたので、飼い主に対する集中力を最も大切にしていたせいもある。
賛否両論あるでしょうが、ワタシは身をもって実感しているので、同感だ。

c0159512_034142.jpg


小さい頃から「今はこんなにちっちゃくて可愛いけれど、大型犬」をモットーにやってきた。
今の犬達を取り巻く環境は、犬の習性・習慣を満たしてあげられるものでは無いかもしれない。
可哀想に思う面も多々ある。
けれど、「犬」にとっては当たり前で許される行為でも、「家庭犬」には許されない行為もある。
だから、せめて 「ちゃんとパパとママのいう事を聞くんだよ。そのかわり、全身全霊で守ってあげるよ。」と、
ワタシ達が正しい知識を学び、出来うる限りの事はしてあげたいと思っている。
まだまだ勉強不足だけれど・・・。

ある程度、訓練が入ってからは気の会うコ達とは遊ばせてもらっているけれど、
ミルの中ではパパが1番!が定着しているようで、やみくもに遊んだりはしないようになっていた。
パパの顔を見て「行ってもいい?」という顔をするあたり、笑えてしまう。
勿論、「いいよ」のサインで遊ぶ事もある。あまりヒートし過ぎて危険・・・と思えば、
「はい、もうおしま~い。」 でやめさせる。 直ぐに素に戻るのもミルの特徴だけれど、
飼い主が何処まで犬を制御できるかがポイントだろう。
ナニが何でも遊ばせる事が悪いのではなく、飼い主が1番ならばたまにはいいかな・・・と思う。


そして、何よりも・・・パパは本当に甲斐甲斐しくお世話をした(ている)。
朝、出勤前の散歩と、帰宅後のお散歩はよほど遅くならない限りは欠かさない。
たっぷりボール遊び(遊んでもらっているとも言う)もしてあげる。 ・・・たまには褒めておこう。
「パパ命」のミルちはこうして出来上がったのです。。。
あの、パパを見つめるミルの集中力には恐れ入った・・・ ワタシでもあんな風には見たことがない・・・。
あまりにパパべったりなので、少々分離不安(お互いに)なのがタマニキズな親子ですが、
これからも楽しく、二人の世界を大切にしていってもらいたいものです・・・。ええ、いいんです。

色々な育て方があるけれど、あまりカチコチにならず、押さえるところだけは押さえる。
我が家のお約束を守れなかった時には、厳しく叱る。
そして、何よりもパパとママが1番!であること。 それが我が家流です。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ ←ポチっとお願いします!
[PR]

by wendymilfy | 2008-05-30 14:32 | 訓練・競技会 | Comments(6)
2008年 05月 06日

雨の秋ケ瀬、城北訓練士会競技大会。



↑ 詳細はクリック、お願いします。
引き続き、宜しくお願い致します。
昨日、去勢手術が無事に終りました。血液検査も問題なし!です。
                 ↓
 静岡の方が里親さんになって下さるとの事です!
 現在は横浜の方が一時お預かりをして下さっております!
 どなたも信用のおける、素晴らしい方々なので本当に嬉しい限りです!!
 きっと幸せになります!
 皆さん、本当に暖かいお気持ちをありがとうございました!
 取り急ぎご報告まで・・・。



5月3日(土) 雨・・・。 今日も競技会にお出かけしました。 
然程降っていなかったのに・・・ 競技が始まった頃からザ~~・・・。つ、辛い・・・。
雨天決行の競技会・・・。こんな日もあります。・・・伏せるかなぁ? 座るかなぁ?
心配は尽きません、、、んがっ、こんな時はセンセイの言葉を思い出します。
「どんな状況でも、フセはフセだし、スワレと言ったらスワレなんだよ。」 
・・・はい、頑張ります。
今回の1席犬には 商品「魚沼産コシヒカリ10kg」 だそうな。。。
めざせ!1席!! コシヒカリ~~~~!→俄然、やる気満々・・・。
c0159512_054976.jpg


☆雨の中、ずぶ濡れになりながらも、健気に頑張るわんS。 愛しいね・・・。
 ベリーちゃん、よく頑張ったね! お腹ドロドロだったね。
c0159512_062534.jpg


☆すんばらしい動きを見せるマックス坊ちゃん。
c0159512_064825.jpg


☆今回 見事1席獲得♪ おめでとう~~!! コシヒカリお持ち帰り~~♪
c0159512_072050.jpg


☆リンクに1歩足踏み入れた瞬間、ヒトが変わる(?)と最近噂のママ・・・(笑)
 すばらしい服従作業のレイニーくん。期待の星★
c0159512_084187.jpg


☆そして、ウっちゃん久々に登場。プロの部5科目に出陳。
  最初の3科目目までは、良かった、、、と思う。
  足場がドロドロで心配だった「コイ!」も元気に走って来たウっち。 ぅう・・・可愛い・・・。
  が、4科目目の「フセ」で、雨だったのでいつもはあまり使わない視符(手を使ったサイン)
  が、曖昧だったらしく、自信満々に・・・立った・・・。 
  背後から、オットの「ばぁか、ばぁか、ばぁ~~~か!!」の声が聞こえたような・・?
  その後、言葉だけでダイレクトに「フセ~!」と言ったら、伏せたけど、、、減点でしょう。
  この瞬間、コシヒカリ10kg獲得の夢は儚くも消えていったのでした・・・。
c0159512_091744.jpg


☆競技会に「たら、れば」を言っても仕方がない事は分かっているけれど・・・
 声符だけでもウっちは伏せたのかな~・・・と後悔しきり。
 審査員の先生にも「視符が曖昧だったよ。もったいないなぁ~。」と言われ、
 その瞳は「アンタが悪い。」と言っていたのを、ワタシは見逃さなかった・・・(笑)

c0159512_0102288.jpg

 
☆ママ:ごめんね、ウっち。信じてあげればよかったね・・・。この埋め合わせはするから、ね?
  ウっち: ・・・え~? いいよ、もう。 それって競技会ってことでしょぉ?!
  ママ: ・・・まぁ、そうおっしゃらずに・・・ねっ? ねっ?


☆問題はこのおふた方・・・。ビシィ、、と いくんだぞ! びしぃ・・・っと。
c0159512_0114876.jpg


☆そうです、やるんです・・・。やってください。
c0159512_012742.jpg

☆行進中の「座れ」を落としたミーちゃん・・・(ある意味、やっぱり・・・(笑) )
 でも、でも、、、この雨の中良く頑張りました!花丸をあげましょう。

c0159512_0125743.jpg


☆お昼休みのアトラクション、タイム・アタックで大活躍のレイニー君!
  さすが イタ・グレ。 参りました~。
c0159512_0132180.jpg


☆みんな可愛い仲間達!これからも頑張ろうね!
 センセイの可愛い坊ちゃま方。 憧れのシェパード。 
 ウっちの幼なじみのアーちゃん。
c0159512_0141924.jpg

☆ミルちの幼なじみ、デっちゃん。
c0159512_0143770.jpg


☆「イっちゃぁ~ん、なんて可愛いのぉ? オバちゃん、食べちゃいたい♪」の図。
  ヤマト坊ちゃんの午後の出陳中に車中で居眠りという大失態をしたウチミル家・・・
  画像がなくて、ごめんねヤマトくん。頑張ったんだよね!
c0159512_015034.jpg


☆何を隠そう、ワタシはこの防衛作業が大好き!血が騒ぐのです。うひひ!
c0159512_0155170.jpg


☆「ミーちゃんの出番が少なかったですぅ~。」
c0159512_0231949.jpg


☆生憎のお天気でしたが、皆さん本当に、本当にお疲れ様でした!
 いつもいつも楽しい時間をありがとうございます。皆さんのお陰で頑張れるウチミル家です。
 これからも、どうぞ宜しくお願いします。。。

とりあえず、今シーズンの競技会出場はお終いの予定(?)です。
ウっちもミルちもお疲れ様! よく頑張ったね! 
なんだかんだ言っても、頑張り屋の二人はパパとママのちょびっとだけ自慢の娘(多分)だよ。。。
ありがとう!

あ、そうそう、今回コシヒカリは逃したものの、どなたかのご好意で提供された筍を
主婦根性丸出しで、ちゃっかり頂いてきました。こんなアットホームな競技会が大好きです。
早速、筍ご飯と天ぷらにして頂きました。美味しかった~。ご馳走様でした♪
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
↑ぽちっとね!
[PR]

by wendymilfy | 2008-05-06 01:36 | 訓練・競技会 | Comments(16)
2008年 04月 29日

ウチミル家のG.W Part1

今年もやってきたゴールデン・ウィーク。皆様いかがお過ごしでしょうか?
何処に行っても混雑、、、 TVの渋滞情報を見ながら「あ~あ、ご苦労サマ~・・・」と
呟くのが わりと好きなクラ~イ我が家、うひひ!
近場、ちょろちょろで大人しくしております。

さて、先週から引きずっているこの話題、JKC春季本部競技大会。
行って参りましたよ、朝4時半起きでね・・・。
今日は レトパパファミリーにも会えるし、ロモビ~父さん、母さんウリちゃんさだママちゃんも応援に来てくれるとの事。 なんだかウキウキな1日になりそうだぁ~♪


・・・で、肝心な競技は?

☆一言で括ってしまうと・・・ 今迄で一番悪い出来。
  脚側行進ボッロボロ・・・ おい!何処見とんぢゃい!!な ミルちなのでした・・・。
c0159512_23284015.jpg


☆この後の行進中の3姿勢はミスなくこなしました。 やればできるぢゃん・・・。

☆据座(30秒待つこと) の集中力はまずまず。
 「パパぁ・・・はやく もどってきてくださぁい・・・。 まだでつかぁ?」
c0159512_2329793.jpg


☆なんだかんだ、この笑顔♪ 
 楽しそうな服従作業だったのでママ的には満点をあげようかな?→バカ親
c0159512_23292453.jpg


☆訓練仲間のイタグレの大和くん&ママ
 スーパー★スペシャルものすごイタグレなんだぞ~~!
c0159512_2330363.jpg


☆ミニチュアダックスのベリーちゃん&パパ
 小さい身体で一生懸命パパに付いて行く姿に オバちゃんは感動したよ~。(涙)
c0159512_23302511.jpg


 他にもボーダーコリーのマックスくんも大健闘でした! 写真がなくてごめんね!! 

☆待ってました!スター★レトパパさん&ケリー姉さん。 ダンベル大好きケリー姉さん♪
c0159512_2330538.jpg


☆そして、ハッチさん&イーザくんペア。。。 さすがの服従作業だね!
  結果は、ムフフ。。。 レトパパさんの『レトリーバーキッズ』で見てね?
c0159512_23311798.jpg


☆競技が終ればピクニック♪ お天気も回復、風も穏やかだし、気持ちいいね~。
c0159512_23324219.jpg


☆うりちゃんとさだママちゃんも来てくれました!
  名付けて『即席私設応援団』 チアリーダー付き。
  早速 記念撮影♪ (写真提供:ロモビ~父さん。からパクらせて頂きました~)
c0159512_23335483.jpg
c0159512_23355510.jpg
c0159512_23371157.jpg
c0159512_23384419.jpg


☆夜は恒例の反省会・・・?
 今回は席次は逃したものの、みんなポイントはゲット♪ 頑張りました~!
 訓練談義に花が咲き、我が家も頑張らねば!・・・と、オットは思ったかどうか・・・?

 
c0159512_23391333.jpg


訓練仲間の皆さん、応援に来てくれた皆さん、本当にお世話になりました!
とっても楽しい1日でした。ここだけの話、競技会である事を忘れそうでした。。。
また、宜しくお願いしま~す! ありがとうございました!  
                                        ウチミル家一同

 そして、Part2に続きます。
[PR]

by wendymilfy | 2008-04-29 23:43 | 訓練・競技会 | Comments(12)
2008年 04月 23日

ウっちの事件簿2

競技会デビュー当時のおちゃらけウっち。
        ↓(ナニか面白いコトをやってやろうともくろんでいる図)
c0159512_1462751.jpg
今年も江戸川の本部競技会の季節がやってくる・・・。
今回はウっちは出さないけれど・・・。
緊張の極みの大会だ。 ここで、がっくりと肩を落とし、うなだれた事も1度や2度ではない・・・。
訓練を始めて約半年後、デビュー戦は「JKC春季本部競技会」だった。
今から思えば、かなりの無謀・・・? 
かなりのチャレンジャー・・・?
でも、大会が大きかろうが小さかろうが、リンクは同じリンクだ。
なんら変わりはないと思っている今日この頃ですが。。。

出す前に他のわんこの競技を見学。
おもむろに、隣にいる訓練士の友達が言った。「あの犬、今にとぶよ。」
とぶ?飛ぶ?跳ぶ?・・・要するに脱走するというコトらしい。
「へっ?」っと思って見ていると、落ち着きなく ウロウロとし始めたその犬が、突然
どわ~~~っとリンク中を走り回り始めた・・・。 
そして、あっちのほうへ タ~っと見えなくなっていった・・・。はい、失格・・・。
「・・・のっけからイヤなモノを見てしまった・・・。」 かなりナーバスな若葉のワタシ。

そして、ワタシ達の番が来た。心臓がバクバク、もうアタマ真っ白 ・・・吐きそうだ。
リンクの周りに張られたテープを、他の犬達は軽々と飛び越えてリンクに入るのに、
ウっちはおずおず・・・と潜って入った。 大丈夫かぁ? 
今日もヘタレ度は絶好調のようだ。 隣は知らないわんこ。 知らない場所。
もっと言っちゃえば、審査員の先生はウっちの苦手な「男のヒト(オジさん)」・・・。
これ以上、テンションの下がりようもない条件も珍しい・・・。

1科目目の「紐付脚側行進」 リードを付けたまま、1辺10mのロープが張られたコの字を歩く。
教えた事も、やった事もないくせに コーナーで クルリンと「オマワリ」をしたウっち・・・。
今迄には無かった無駄な積極性に戸惑うワタシ・・・。(立派な減点対象ですのでね・・・)
いや~な予感が中枢神経を走り抜けていった。
2科目目はリードを外して、同じコトをする「紐無脚側行進」。
行きは何とか付いて来た。帰り道、左にコーナーを曲がった瞬間、
ウっちが突如 「うわ~~い♪お花畑見っけ~~♪」 と コースアウトして走り回り始めた。
ナニが起こったのか、一瞬理解不能な指導手のワタシ。
「呼んで、呼んで!」の審査員の先生の声が、我に返らせた。
「コイ~~~~っつ!!」 と 悲痛な面持ちで叫ぶワタシの声なんぞ聞こえていないのか、
あっちウロウロ、こっちでルン♪のウっち。 
しかも近づいて行くと逃げた・・・。もっと遊ぶ、と。 いい度胸ぢゃないか・・・。
「あ、あ、アンタってば・・・。」 
この惨劇を、リンクの外にいる、訓練士の友達、仲間、オットは、一体どんな顔で見ているのだろう・・・?
 ・・・もう、皆の顔を見る勇気も・・・ない・・・。
犬が競技中に脱走し、リンク外に出たら失格。。これは知っていた。
けれど、この微妙な距離は・・・、ヘタレなウっちはそこまでの勇気がないらしい。
ただただ、リンクの周りを 江戸川から吹く風と共に漂っているばかりだ。
もう、これまでだ・・・。そう決めたワタシは襷がけにしていたリードを肩から外し、
ウっち捕獲に乗り出した。が、
「今、リードを付けてしまうと失格になってしまうから、自力で犬を戻しなさい。」と言われる。
本来なら有難いお言葉だ。 が、この時のワタシには、痛いお言葉だ。
もう、喜んで失格になってやろうと思った。
とにかく、一刻も早くこの ちゃらけ犬 を捕獲し、さっさとこの場からいなくなりたい、、、
出来ればこの件は無かったコトにしたいくらいだ。
穴があったら入りたい、、とは正にこの事だと思った。いや、穴があったらこのちゃらけ犬を
放り込んで蓋をして、逃げ出したい・・・ ダメかね?動物愛護協会からクレームがくるかね?
だって!生まれて初めての競技会だったんだもん! 
どうしていいかわからなかったんだもん! そいでもって、やっぱり恥ずかしかったんだもん!
初心者マークの、慌てふためく飼い主を、あざ笑うかのようなこの仕打ち・・・。
当時のワタシには、ウっちのイヤがらせとしか思えなかった・・・(?) 
結局この後、大人しくスタート地点に戻り、お次は「招呼」。10m先からの呼んで来させる科目。
「また、とんぢゃうかも・・・。」 はっきり言って、呼びたくなかった、、、。
走って来たウっちはワタシの横にピっ!と付き、ワタシを見上げ 「ど~だ!」と言わんばかりだ。
それでも、未熟なワタシの殺気を感じたのか、「ウっち、なんかやっちゃった?」と神妙だ。
その後2科目もほぼ完璧・・・。
ウっちのつぶらな瞳が語っている・・・ 「これで、さっきやっちゃったのはチャラね?」。

今も語り継がれる「ウっちゃんお花畑見えちゃった♪事件」。
あの時、江戸川のたった2、3本の野花が ウっちの目にはどんなお花畑に映ったのかは
誰にもわからない。ウっちゃんのみぞ知る、、、である。
たった、一つ分かった事、それは 「ウっちは思いの他ずぶとい」 という事。
これが、ウっちとワタシの競技会チャレンジの始まりだった・・・。

ウっちの先生のお言葉:「うん、最初から とびそうな気がしてた。 あはは~。」 ですって。
後日、逃走が絶対にクセにならないように、相当シボられて練習した事は言うまでもありませんがね。。。(笑)
[PR]

by wendymilfy | 2008-04-23 14:06 | 訓練・競技会 | Comments(13)
2008年 04月 20日

たまにはマジメに・・・。

ミルちです。ナゼだかわかんないですが、パパとお勉強中です。
朝から早起きです。ミーちゃんはまだネムかったです。。。

ママのボヤき:「あ゛~、停座が まがってるよ・・・」
c0159512_22203994.jpg


ママの一言:「コイ!はいいのよね~。正面停座まがるなよぉ~。」
c0159512_2220567.jpg


センセイのダメ出し訓練。
ママの怒り:「オイっつ!ミルち、どこ見とるんぢゃいっ!(イラっ・・・)」
c0159512_22211949.jpg


センセイがリードを持った瞬間に、犬が変わる。マジックだ・・・。
このコ、こんなにいい動きしたっけ・・・?と思う。(笑) 
 「せんつぇい、、、ミーちゃん、もうパパのところに行きたいですぅ・・・。」
c0159512_22214341.jpg


 「もう、いいでつか?パパのとこ行ってもいいでつか・・・?」
c0159512_22221142.jpg


やっと開放され(?)、パパ一直線に走ってくるミルち・・・。
 「うわぁ~~い♪ パパぁ、会いたかったですぅ~!」←たかだか5分ちょい・・・
c0159512_22325638.jpg


「ウっちだよ~。 ここは河川敷だよ。風がつおいよ・・・。」
c0159512_22193378.jpg


☆時々、こうしてピリっとさせるコトも生活のメリハリが付いて良いと思います。
 ONとOFF。。。来週は競技会です。
 たまには、マジメにやって下さいね?甘ったれ子のミルちさん・・・。
 期待はしてません、、、のびのび楽しくやって下さい、はい。。。(笑)
[PR]

by wendymilfy | 2008-04-20 23:15 | 訓練・競技会 | Comments(18)
2008年 04月 07日

「マテ!」で思う事。

ちょっと思い立ったので、久々に訓練のお話など・・・。

犬の躾(訓練)の中で1番大切な事は、「待て」と「来い」だと思います。
それさえ入っていれば、かなり飼い主も楽になると思うのです。

ちょっとハズれますが、最近よく思うのが、家庭犬の躾ってメリハリの付け方が難しいという事。
だって、訓練所にいる訓練犬たちは犬舎があり、訓練・運動・排泄等、
ヒトとの生活のメリハリがしっかり確立されているけれど、家庭犬は、ましてや室内飼いのコ達は、
飼い主と同じ空間・時間等、共有している部分が多いのだから、
「自分も同等もしくはそれ以上」とカン違いさせる要素はゴロゴロしていると思うのです。
だからこそ、最低限の我が家のお約束を作り、主従関係を保つ必要が出てくるのでは?と思います。
ちなみに我が家は一緒に寝るのも可、普段のご飯はわんSがヒトより先です・・・。
(自慢出来ないコトばかり・・・恥) 
だからと言って、カン違いは許しませんぞ。。。
ただ、これはわんこの性格にもよりますので、寝る、食べるもしっかり一線を引かないといけない
場合もあると思います。

で、「待て」ですが、、、我が家の体験から言って、家の中では(特にご飯・オヤツの前)
待てても外ではなかなか難しい。
他のワンコは通るし、興味あるもののオンパレードなのですから。
ウっちなどは、近くで友達が楽しそうに遊んでいるのをチラチラと横目に、
でも、動くと叱られるので、
その小さな背中から 「♪ドナドナ・・・」を 醸し出していたものでした・・(涙)。
(「うわぁ~い♪ ウっちもまぜてぇ~!」 と 脱走し、その度に むんずと捕獲され、
ズルズルと引きずられながら、元の位置に戻される事数回・・・。
犬の訓練とは、犬の3倍はヒトが動くものなのだそうです・・・。)

犬の定位置は飼い主の左足元。最初はリードを持ったまま、「マテ!」とコマンドした後に
犬の周りを1周して元の位置に戻る。
待っていたら褒める。動いた場合は直ぐに「マテ!」と言いながら再度元の位置に付かせる、、、
という事から教わりました。
肝心な事は待てずに動いたら必ず「元の位置」に付かせる事。
だって「この位置で待て」とコマンドしたのだから。
これが出来るようになったら、リードを持ったまま犬の正面に立ち、待たせます。
待てたら飼い主は犬の後ろを周り、右側に戻ります。そしてたっぷり褒めてあげます。
最初は5秒位から始めて、徐々に時間を延ばしていきました。
直ぐに長時間待たせようったって、教えていないのだから、まず待てなくて当たり前です。
犬がおバカなワケぢゃぁ ありません。
こうして徐々にリードを手から離し、犬から1m、2mと離れて「待つ」と言う事を教えました。
昨日より少しでも長く待てた日って、成長が目に見えるようで本当に嬉しいものです。
これ、全て訓練士さんから教わりながら覚えた事ですけどね。。。

「待て」で何より大切な事。それは犬に「待っていたら、パパやママは必ず帰ってきてくれるんだ!」と、
信じさせる事だと思います。待たせた後に必ず犬の右側に戻る、という事はそういう事なのだそうです。
信頼関係がここから生まれるのでしょう。
大好きな飼い主が自分の傍から離れたら、不安になって来ようとするのは自然な行為だと思うし、
「いやぁ~ん、可愛いっ!」と ついつい「待てなくてもいいか!」と思ってしまいがちな親心もわかります。
が、ここは心を鬼にして・・・(笑)。 
長い我が子との人生、頑張るのはほんのいっときなのだ、と、頑張った日々も懐かしい・・・。
そして今でも気を抜けない我が子達・・・。わんこに「絶対大丈夫!」はありえません。

ワタシは「待て!」の時(特に競技会で10m離れる時)、ウっちの目を見つめ、
「マテ!」としっかり声をかけ離れます。
そして「ちゃんと待っててね?必ずウっちの右側に帰ってくるよ。」と、
心だけウっちに残していくようにしています。
(ま、気分的なコトですが(笑))
勿論、普段の生活でも この気持ちは変わりませんが。。。

「待っていれば必ず戻ってきてくれる!」と わんこに信じさせる事。
ほんの少しずつ時間と距離を延ばし、毎日コツコツと教え、決して感情的に怒らず、
叱る時は導いてあげる気持ちを忘れずに。
ワタシが教わった「待て!」のコツです。
[PR]

by wendymilfy | 2008-04-07 11:04 | 訓練・競技会 | Comments(16)
2008年 02月 12日

「神奈川訓練士会競技会」 in 寒川 

「ミルちです。今、どこにいるかってゆーと、寒川って所です。
朝4時半に起きたよ。まだネブいよ・・・。7時前なのに、みんな、ぞくぞくと到着してます。
この真冬のクソサブい中、愛犬家の情熱はすごいよ。ナニがここまで彼らを突き動かしているのでしょうか?
ミーちゃんにはわかんない・・・。 どうでもいいけど、はやく お外に出してぇ!」
c0159512_22165524.jpg


☆昨夜の雪でどうなる事やら、、、と心配した競技会。お天気は回復の模様。いいお天気になりそうだけど、、、
地面には雪がチラホラ残っております・・・。 これはリンク内も大荒れの模様。
ぐちゃぐちゃになった地面(しかも ちべこい・・・) 、わんこだって伏せたくないし、座りたくもないだろうなー。
でも、させねばなりません。→この時点で帰ってからのシャンプーを覚悟・・・。

 今日は、ブログ上でも、競技会でも楽しくお話させて頂いているレトリーバーキッズ
レトパパさん&ハッチさんにお会いできるので、楽しみ2倍!ケリー姉さん・イー君早くおいで~!

 昨年、ウっちが頑張って1席獲得♪ 今年の御招待券を頂きました。
 なので、今回ウっちは「御招待犬」。→出陳料、助かります(喜)。お財布に優しい招待券。
c0159512_22381672.jpg


☆第3部「中等科(10科目)・アマチュア」出陳のミルち。
  ゼッケン番号、犬名、指導手名を審査員の先生に申告中。
  ミルち:「ミーちゃんです。好きなものはパパとボールです。ヨロシクです!」
c0159512_22182274.jpg


☆「紐付き脚側行進中」のミルち。パパloveなので、ちゃんとお顔を見ながら。  
c0159512_2219047.jpg


<ミルちの総評>最初の5科目までは、なかなか良かった。・・・がっ、この科目のメインイベント
 とも言える、「行進中の3姿勢」がガッタガタ・・・。 
 最初の「座れ」で自信満々に立っていた・・・。あああ、、、終った・・・。(大幅減点もしくは0) 
 でも、イヤ~な予感がしたパパが振り返ってもう一度コマンドをかけたら座った。
 こうして犬に「絶対にしなくちゃいけない」という意識をつける事はとても大事だそうです。
 失敗は次へのステップだから。競技会って<本番>だけれど、本当は1番の<練習の場>
 だと、ワタシは思っているのです。。。
 他にも、行進中 勝手に立って待ってパパをあたふたさせたミルち。
 その様子を見て 「ハハハ・・・」と、審査員の先生の笑いも取れたコトだし、つかみはOK!
 いつも甘えてピヨピヨしたミルちの服従作業。訓練犬としては「どーなの?」と思う時も
 あるけれど、でもね、ミーちゃん、そんなミーちゃんのいつも楽しそうな姿、ママは結構好きだ よ!


☆第6部「中等科(10科目)・一般」出陳のウっち。プロに混じって何処までいけるか・・・?
 「紐無脚側行進中」 なんだか今日は珍しくテンション 高っ! いい感じ。
c0159512_22202949.jpg


 「招呼」 ちゃんと走ってる・・・。 どーしちゃったの?今日は・・・。な指導手。
c0159512_2221438.jpg


<ウっちの総評>行進中の伏臥(フセ)で、腰を崩して大きく減点。それ以外は無難にこなす。
 審査員の先生曰く、犬はいいけど指導手が・・・。(少々力み過ぎる所あり)
 でも、犬との掛け合い、間の取り方が絶妙に良い。もう一度見てみたい犬です、と。
 「8歳ですし、もう引退させようかと・・・」と言ったら、「8歳の動きと集中力じゃないよ。
 まだまだ大丈夫!」とお言葉を頂いた。嬉しかったけれど、、、
 ・・・いえ、多分今日はたまたまなんです、センセイ・・・。と言いたかった。

 昨年末以来の出陳だったけれど、心地よい緊張感があり、本当に楽しくできました。
 ウっち、よく頑張ったね!ウっちが楽しそうだったから ママも本当に楽しかったよ!!  
 ありがとう、ウっち! また気がむいたら頑張ってみる?
 ウっち:「ママとオヂさんのお話長いよ・・・ ね~、ちゃんと見てたぁ?」
c0159512_22213877.jpg


☆ジャジャ~~ン!! イーザ君登場!よっ!理事長、頑張れ~~!
 「ボクは頑張るよ、ちゃんと見ててよ!」
c0159512_2222547.jpg


☆足場がドロドロの中、頑張って脚側行進中。楽しそうだね、イー君!
c0159512_22251076.jpg


☆悪条件の中、素晴らしい服従作業でした! 
 「どうどう?ちゃんと見てくれた?ボク頑張ったよ!」
 カッコいい イー君の姿に ふぉーりん・らぶ か? 群がるウチの女子達。
c0159512_22285816.jpg

☆どうです?この可愛い笑顔!
c0159512_22315037.jpg


☆大切な方を忘れてはいけません。素敵なレディ、ケリー姉さんです。
「アタシ、今日はリフレッシュ休暇なの。弟は頑張ったみたいねー。
次はアタシの時代だから、忘れないでちょーだい。」
c0159512_22395293.jpg


☆さて、気になる結果は?
 大切な訓練仲間の皆さん、今回も頑張りました!!
 第1部 3席入賞 レイニー君(イタリアン・グレーハウンド) おめでとう!
c0159512_22322811.jpg

☆ここで登場、第3部 1席 イーザ君!! おめでとう!
c0159512_22331035.jpg

 第3部 3席入賞 マックス坊ちゃん(ボーダーコリー) おめでとう!
c0159512_22335483.jpg

☆そして、ウっちがなんと4席入賞!(点数:96.3) 頑張っててよかった・・・。(感涙)
  ♪BJM:ロッキーのテーマ曲
c0159512_22344821.jpg


☆第3部 8席(96.9) のミルちさん。 うんうん、いーよ、頑張ったよ。
 「ほぇ?なにが~? いま うにうに中で忙しいの~。」
 →「ほんとーにコレでいいのか?」と一抹の不安を覚える飼い主   
c0159512_22412128.jpg
  

☆恒例の抽選会♪ 今年も当たったわ~。 ババり~のバックよ~。
  去年のゴミ箱も嬉しかったわ~~。
c0159512_0102866.jpg


☆戦い終わって日が暮れて・・・。今日は遅めの「新年会&反省会」 るん♪
c0159512_2237955.jpg


☆今日は研修会の為、不在だった我が師匠。
  ビデオを観ながら、一人ひとりダメ出し・・・。この瞬間が一番コワい・・・(?)
  
  皆さん、お疲れ様でした!そしてお世話になりました。皆さんと過ごす一日は、
  ウチミル家にとっては本当に楽しい時間です。感謝、感謝です。
  また頑張りましょうね~~! ありがとうございました!

☆競技会って、特別な感じを受けるかも知れないけれど、結構アットホームです。   
その日の出来が良くても悪くても、点数が張り出されるあの瞬間・・・タマりませぬ。
クセになってます。
でも、本当は結果ではなく、大切なのは自分と犬との世界だと思っています。
いいコミュニケーションの場っていうのかな・・・?リンクには魔物が棲んでいる・・・と思う時もあるけれど・・・。
レトパパさん、ハッチさん、とっても楽しい時間をありがとうございました!
そしておめでとうございます!またお会いしましょうね~!! 
楽しみにしておりますわ!


☆『お食事処かーさん』
 オーストリッチ(生)、リンゴ&さつまいものスープ、納豆、グリーンナッツオイル
c0159512_2242216.jpg


 鶏(胸・ささみ・もも)肉、厚揚げ(最近注目)、マイタケ、ブロッコリー、フラックスシードオイル
 &それを狙うおタバ様・・・
c0159512_2243793.jpg

[PR]

by wendymilfy | 2008-02-12 02:12 | 訓練・競技会 | Comments(14)
2007年 12月 26日

棚ぼたクリスマス♪

12月24日、クリスマス・イヴ真っ只中、やってきましたパシフィコ横浜。
「訓練JKCカップ」 ・・・やっぱり競技会なのね。
今回の出陳は、一応「トレーニング・チャンピオン(パパからはすでに剥奪?)」なウっち。
って、おいおい!もう8歳なんだよ~!・・・老体コンピで頑張ろうね!ウっち!
今回はポイントは付かないと思っていたのに、なな なんと、メジャーポイント交付。
これを獲得するには、一科目も落とせない・・・。
すでに諦めていたメジャーポイント。しかも、ワタシはポイントが絡むとめっぽう弱い・・・
「え~~っつ?!まぢ?・・・聞かなきゃよかった・・・」

リンクに入り、競技直前の図。すでに緊張感は絶頂を極めている・・・ 吐きそう・・・。
追い討ちをかけるように、何処からか競技解説の声。
「え~、今回はチャンピオン・オブ・チャンピオンという事でありまして、ここに出場している
 ワンちゃん達は、「声符」という1回の命令だけで言われたコトができる、優れたコ達ばかり云々・・・」 もう、やめてクダサイ・・・これ以上プレッシャーをかかけるのは・・・

ママ:「がんばろうね!ウっち!」
ウ:「・・・気がむいたらね~~」
(肝心の競技中の写真はボケボケで使用不可。パパのバカぁ!)
c0159512_22243141.jpg


今回は出番なしのミルちサンタさん。
だからって、このやる気のなさは・・・。
c0159512_22255765.jpg


なんとか全科目をこなし、お疲れ様のウっち。
「・・・今回もリンクでお茶もお菓子もでなかったよ。ウっちゃんだよ~って中にいるオジさんに
ごあいさつして、ちゃんと言うこと聞いてあげたのに・・・。
最後だって、「なんのおかまいもしませんで。」ってゆってもくれなかったよ!」
(何か勘違いをしているウっちさん。)
c0159512_22285799.jpg


「ミーちゃんの出番はまだですかぁ~?はやくオヤツのブースに行きましょ~よ!」
c0159512_22301762.jpg


パパがチョコレート欲しさにアンケートに答えたら当たったデジカメ・・・
すごいぞ!よくやった!!
でも、まさかこれで来年の運まで使い果たしてないでしょうね・・・。
どこぞのサンタさん、ありがとう~~~!!!
c0159512_2232241.jpg


ウっち、今回の席次は残念ながら真ん中あたり。
もう8歳だし、今回はぶっつけ本番だったから、しょうがないよね。それなのに、よくやったと思うよ。長い科目に出たのは1年半ぶりだったのにね。
でも、でも!!念願のメジャーポイントカードをゲット! 
もう諦めていたこのポイント。競技会のリンクで全科目を落とすこと無くやらせるコトが、
犬にとってもどんなに大変な事か身に染みてわかっているだけに、ここ数年間でウっちが
獲得したポイントを無駄にしてしまうのが、正直とっても可哀想な気がしていた。
だからこそ本当に嬉しかった。
そんなわけで、ウっち、めでたく「グランド・トレーニング・チャンピオン」完成!!(の予定?)
おめでとう!ウっち!そして本当にありがとう!今迄ホントにホントによく頑張ったね!
そして、この忙しい時期に応援に来て下さった、訓練士の先生、訓練仲間の皆さん、
皆さんの暖かい応援とお気持ちが、涙が出そうになるほど嬉しかったです!
(かなり緊張していたのでそうは見えなかったかも知れませんが・・・)
皆さんがいてくれたからウっちと頑張る事ができました。
本当にありがとうございました!!! これからもどうぞヨロシクお願いしますね!
c0159512_22495977.jpg



玉川の「dogdept」にて・・・
「みなさ~ん!楽しいクリスマスを過ごされましたか~~?」
c0159512_22534226.jpg

[PR]

by wendymilfy | 2007-12-26 00:11 | 訓練・競技会 | Comments(6)
2007年 12月 20日

ウっちとワタシ

ウっちが1歳8ヶ月の頃まで、ワタシとウっちの関係は最悪だった。
攻撃性は無いものの、飼い主を飼い主とも思わないウっち。
どう扱ったら良いものかと戸惑うワタシ・・・。
「ウっちにとって、私たちと居ることは幸せなんだろうか??」と真剣に悩んだ。
子供の頃から欲しくて欲しくてたまらなかった犬との生活だ。可愛くないワケがない。
けれど愛犬との関係を半ば諦めの気持ちで過ごし、愛犬の気持ちをわかろうともしないワタシは最低の飼い主だったと思う。

そんな日々の中、とあるお散歩で出逢った訓練士の女性。
ウっちは彼女がいた広場へ、ワタシを引っ張り近づいていった。
「どうか、アタチを良い子にしてくだしゃい・・・」 と言ったかどうかは別として、それから
数ヶ月後に始まった訓練。

最初は歩き方から。
「犬が自分勝手に歩いていて、飼い主をまったく無視。信頼関係ゼロだね。」と言われる。
そーだよね・・・

「アトヘ!」「スワレ!」 この「繰り返し。なかなか座らない。お尻をパツン!と叩こうにも、
ヤツも慣れたもので、すかっ!とお尻をかわす。
「・・・っつうううう!!」 思い切り手が地面に。 キズだらけのワタシの左手。
ショックをかける時にできる小指の豆。これはもう戦いだ。

ある日、許可が出たので、オヤツを使った。座ったら褒めた後に秘密兵器の登場だ。
「ぉおっ!」と 目を丸くしてパクつくウっち。
そしてもう一度、「アトヘ!」で歩き、「スワレ!」とコマンド。
すると どうでしょ!
今迄は1回ですんなり座らなかったクセに、ワタシの左足元にちんまりと座るぢゃあーりませんかい! 繰り返すうちにオヤツなしでもピッタリ座る。
ウっちがワタシを見つめるその瞳は、どこまでも汚れなく美しい・・・!
いや~~ん!カワいいっつ!!
恐るべし、ささみジャーキー・・・  
ぃ いえ、これは、オヤツとごはんをくれたらば、やっててあげる~、というウっちの意識が、
ママの言う事をきいたら、いっぱいイイコイイコされて、その上オヤツまでもらえちゃう!
一粒で二度美味しい(?) という意識に切り替わった瞬間だった。
初めてウっちと心が通い合った気がした。

ワタシは訓練士の、今では大切な友人から沢山のコトを学んだ。
「怒るのと叱るのは別、叱るという事は導いてあげる事」
「イケナイと言った事を繰り返すのは、根気良くきっちりと教えていないから」
「教えた事をやらない、のは、日頃からやらせていないから」
「可愛がるコトと甘やかすコトは別」
何よりも、粗方の犬の問題行動は、犬のせいではなく飼い主のせいだという事。

訓練は楽しく、がモットーだ。(愛情のない訓練など虐待に等しいと思う。)
けれど、飼い主の無知から、野イヌ状態だったウっちの訓練は「意地でも従わせる」というところから入ったように思う。
ワタシも辛かったけれど、ウっちも相当戸惑った事と思う。
「ナニ?急にどうしちゃったの?アンタ・・・」 という顔をし、小さな背中から♪ドナドナが聞こえていたもの・・・。
もっと早くに、犬の悪い所を出す前に始めていたら・・・もっと訓練の仕方は変わってきたのだろう。
ごめんね、ウっちゃん。

そして、ウっちとの訓練を通して、初めて知ったウっちの感情の在り方。
昨日までできなかった事が今日にはできるようになった、という喜び。
日々増してゆくウっちとの信頼関係を肌で感じ、ただ単に、我が家の愛犬だから、とは別にワタシの中に湧き上がるウっちへの「愛しさ」。
ウっちがワタシにもたらしてくれた喜びは数え切れない程だ。

けれど、初めてウっちと心が通い合ったあの瞬間こそが、ワタシの一番の喜びであり、
今の生活の全ての基になっているのだと思う。
ワタシはあの瞬間を一生忘れないでいようと思う。



c0159512_21383012.jpg

[PR]

by wendymilfy | 2007-12-20 17:19 | 訓練・競技会 | Comments(4)