可愛くてナンボ!

wendymilfy.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 06日 ( 1 )


2017年 11月 06日

イボ取り手術&飼い主の選択肢

「右目ぇの角膜傷めちゃった話」も記憶に新しいミルちですが、
3日の日に、以前からちょっと気になっていた左耳のイボを摘出しました。局麻(局部麻酔)です。
ついでに同じようになるであろうと予想される左後脚のイボイボも。
このイボイボたち、
顔を絨毯に擦りつけたりしてウニウニ♪する時に、ちょびっとだけど流血したりの困ったちゃんでした。

今回の執刀医はオゾン療法をお願いしている病院の院長先生。
話すと長くなるので(笑)平たく言っちゃうと、
長年診て貰っている病院の主治医である院長センセは、「摘出の必要は無いだろう」だけれども、
オゾン療法に通っている病院の院長センセは、
「あまり出血させたりして刺激するのも良くないし、ばい菌が入って感染症になる可能性もある。」
ましてや、「この程度なら、居麻で簡単に摘出出来るし、飼い主さんの目の前で出来ますよ。うちの病院でも良いならやりますよ。」

この時も出血の跡があったりして、急を要していた状態だった。
どちらを選ぶかは言うまでもない。
で、決行決定!

目の前でミルちの耳と脚の毛ぇが刈られ、患部の周りに麻酔を打たれ、メスを入れられイボを切除。
この工程(っていうのか?)をシッカ!と見届けてやった。

ご飯の時に、たまたまTVでエグいものを観たりしちゃったひにゃ、食欲どんより・・・のワタシだけど、
何故か、こういうのはへっちゃらなんである。(オットはなるべく見ないようにしていたらしい。)
昔、タマネギをどーゆう切り方をしていたのか(笑)、小指の先をオトシマエつけそうに(?)なって、
救急病院に駆け込み、傷口に麻酔をうたれ(ひぃーーーっ!)、縫合される時も、
「せんせい、その縫い針(?)、釣り針みたいねー。」(ワタシ談)
「そうでしょ、でもだいじょーぶ、ちゃんと消毒してあるから。」(せんせい(確か脳外科医)談)
と言うような、ほのぼのとしたエピソードを持つワタシをナメちゃいけない。

もっと言っちゃえば、6歳の時に、転んだ拍子にひざっこぞうにジャリ石が入り、気付かずにそのまま傷口が塞がってしまい、
数日後違和感を感じ、摘出手術をした時も、7歳の時の掌の脂肪の塊っぽいものの摘出手術も、
泣きもせず、ひたすら微動だにせず、ぢーーっと耐え、「この子は本当にやりやすい♪」と言わしめた(笑)事だってある。
ナニをされているのか分からない歯医者の方が、今でも断然イヤだ。泣いてやりたくなる。

ただひとつ違うのは、今回は自分ではなくミルちだという事。
これは、やっぱり可哀想でたまらなかった。(涙)

あ、想像しちゃってオシリの辺りがキュっ!となった方がいたら、ごめんなさい。

さて、ここで問題がひとつ。
一年ちょっと前から始めたオゾン療法。実は、主治医には話していない。
(この病院でオゾン療法は行っていないのだから仕方ないという事もあった。)
隠すつもりは無く、でも、あえて話す事もないと思っていた。

勿論、今迄の治療方針に影響が無い事を確認して、オゾン療法は始めた。
それは全て、飼い主の自己責任として、だ。

オゾン療法の先生にも、今の主治医は生まれた時から14歳の今迄を診て貰っているし、
脳炎の一番酷い時も診ていてくれている先生なので、申し訳ないけれど病院を変えるつもりはない事も話してある。
先生も快諾してくれて、オゾン療法のみを引き受けてくれた。

この一年、何の問題も無くやってこられたし、ミルちの体調もそれなりに良かったので、
私達の選択は間違っていなかったと思っている。


でも、今度病院行ったら絶対にバレるよねっ!
だって、ばっつりキ印がお耳にあるんだもん(笑)

主治医である院長センセには正直に話そうと思う。
信頼している先生だからこそ、経緯を話し、私達の判断を理解して貰おうと思う。

ワタシは今の病院全般(ヒトも含めて)が、患者や患蓄を「お客様」とし、「患者様」とする事に疑問を感じる。
「診てやってる」という威圧的なのもどうかと思うけれど、
やっぱり「医師」と呼ばれる人には尊敬の念を持ちたいし、そういう人にしか診て貰いたくない。

ましてや、動物は獣医師を選べない。
どの選択が我が子にとって、より良いと思うかは、飼い主の選択権なのだと思うから。
その上で、色々と気を使ったり、少しの罪悪感を感じる時もあるけれど、
ミルちにとって大切な人達なのだから、飼い主としては真摯な思いはしっかり伝えていこうと思うのです。

☆お昼寝後の眠気眼なミルち
c0159512_18475179.jpg
ちなみに、摘出したイボたちは念のため病理へ。
正直、もぉ14歳も過ぎると、どんな結果が出でも驚かないし、覚悟もちょびっとはしている。
だって、何があっても私達のやる事はただひとつ、ミルちらしく穏やかに美味しく過ごさせてあげたい。
そのことだけですから。



[PR]

by wendymilfy | 2017-11-06 20:06 | 病気・病院 | Comments(6)