可愛くてナンボ!

wendymilfy.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 15日

ここ数日。そしてウっち。

ウっちが旅立って6日が経ち、それでもまだあまり実感がないような・・・。

ウっちは私達に、私にとって初めて一緒に暮らす犬でした。
初めて「飼う」犬から、沢山の事を経て、「一緒に暮らす犬」となり、「唯一無二の存在」となるに連れ、
以前にも書いた記憶があるけれど、、、
私はいつの頃からか、いつも怯えていたように思います。
傍に居てくれる幸せと、いつかは失うという恐怖感は、いつも隣合せでした。

今、ウっちが傍に居てくれない寂しさの代わりに、私はその怯えからやっと開放されました。

ここ数日、ウっちが紡いでくれた沢山のご縁在る方々と会ったり、お話する事ができました。
そして、思い出話のどれひとつを取っても、それぞれの時代が違っている事に驚きました。

 毎日のように一緒に訓練をし、遊び、散歩で歩き、時には旅行をしたり、
 一番悩み、頑張っていた・・・、そんな一番キラキラと輝いていた頃を一緒に過ごしてくれた友達。

 同じ様な悩みを抱え、それでも犬と真剣に向き合って頑張ってきたスクールのお友達。

 お散歩で出逢い、今でも心を寄せてくれるお友達。

 ブログを始めた事で、出逢い、仲良くなり、食事や旅行にお誘い頂いたお友達。

 競技会で顔を合わせる内に、会話を交わすようになり、後にはキャンプ仲間になったお友達。

 セラピー犬活動をされているお友達を通じて、セラピー犬として参加させて頂いた事もありました。

 お会いした事は無いけれど、長い間ブログを通して心を寄せて下さるお友達。

 手作り食を始めた事で、9年近くも相談に乗って頂いたり、お世話になった方々、
 お店にお邪魔する度に、お忙しい中可愛がって下さり、毎年お誕生日などを覚えていて下さる方々、
 わんSの身体を守る為に、着せるようになった機能的な洋服を、いつも優しく試着させてくれた方々、
 そんな感謝で一杯の方々も、お友達と呼ばせて下さいね。

こうして綴っていても本当にキリがなくて、
こんなにも長い年月を、ウっちと歩いてきたんだなぁ、と、今は懐かしく想い返します。

警戒心が強く、私達以外にはなかなか心を開かないコで、ツラっとした感じのワルイ犬(笑)なところもあったけれど、
一旦、警戒心が解けた人には、オットが「調子にノッテんぢゃね?(笑)」と言うほどフレンドリーにもなれました。
特に、「み~んないい人♪」なミルちと暮すようになってからは、その気配を消す時もあるけれど、
警戒心は薄くなってきていました。
おっきいコと一緒に居る事が多かったけれど、オヤツをもらう時には、
「ウっちゃんは、ココだよ〜!」 と、ちっちゃな身体をぴょんぴょんと跳ねさせ、
必死にアピールしていましたっけ。


覚悟が無かったといえばウソになります。
覚悟なんて、14歳の頃からしていました。
でも、まだ死なせるわけにはいかない、まだ傍に居て欲しい!そんな気持ちの方が大きかった。
それでも、ウっちが15歳のバースディケーキにキャンドルを灯した時、
不思議と私の中で、「ああ、やりきった・・・。」という想いが、心の片隅に芽生えたのも事実です。

酷い、冷静過ぎる飼い主なのかも知れません。


ここ数ヶ月、ウっちと約束をしていた事があります。
 「絶対に、ひとりでは逝っちゃダメだよ!」

ウっちは、しっかりとその最後のお約束を守ってくれました。

最後の2日間、夜中に発作を起こすウっちを暫く抱っこする、という事が続きました。
その時、あまりアイコンタクトが好きではないウっちが、しっかりと私の目を見てくれました。
ウっちゃん、今迄、ママと沢山のお約束をしてきて、たまに「アレ?そだっけ?」と、すっとぼける事もあったけど、
一番大切なママとの約束は、ちゃんと果たしてくれたね。偉かったね、ありがとうね。
私も、ウっちの目を見つめながら、そんな事を心で語りかけていました。

犬は、自分の死に際を選ぶ、と聞いたことがあります。

傍に居たとしても、ほんの一時だけ傍を離れた時に、という話も聞きました。
でも、馴染んだ家で、馴染んだ空気を吸い、愛する人の存在を感じながら、幸せに逝ったのだと想います。

仕事を持つ友達の一人が、「病院でひとりで逝かせてしまった事が、可愛そうだった。」と、話してくれました。
でも、それは違うよ!と、私は言いたいです。
貴女の愛情と想いは絶対に届いていたし、例え病院でも、心からあの子を想い、最後まで手を尽くし、
傍にいてくれる人たちが、あの子には居てくれたんだよ。幸せだったんだよ。
だから、絶対に自分を責めないで欲しい。

私はたまたま、仕事を休む事ができて、傍にいてあげる事が出来たけれど、
可愛いわが子を想う気持ちは、傍に居てあげられても、あげられなくても、皆、想いは一緒なのだと想います。


先週末は、最近何処にも行かれずにいて、しかも、何となく変?と思っているミルちの気分転換も兼ねて、
夕方からニコタマに行きました。
そこに、きなちゃん&ライちゃんファミリーも駆け付けてくれて、久し振りにデプトさんで夕食。
優しい心遣いを本当にありがとう。
一緒の時間を過ごしてくれて、本当に心が救われたし、嬉しかったです。

日曜の夜にはうっち~とIちゃんも・・・。本当にありがとう!
ウっちは、幸せモノだね!

私は、大丈夫です。
私の左手と、ウっちの右前脚は、今でもしっかり繋がれています。
そして、ウっちは最後にある贈り物をしてくれました。
「もう、だいじょうぶだね?」 
そう、ウっちは言ってくれたように思います。
うん、大丈夫、ママはもう、大丈夫だよ。
ウっちゃん、ウっちゃん、ウっちゃん・・・、本当にありがとうね。

でも、きっとまだまだ、ぐじぐじ泣く時があると思うけど、そこは見逃してね。



そう言えば、、、
土曜日のジョーカーさんに行った時、シェルティの仔犬が店長さんに、偶然、抱かれて来た。
シェルティの仔犬なんて、ショップでも年に1回か2回しか見ないし、今までは男の子ばっかり。
なのに、なんで今回に限って女の子?! なんで、今?!
あどけない瞳はウっちを思わせ、白いまんまるいちっちゃなアンヨも、やっぱりウっち・・・。

これは、ウっちが引き合わせてくれたご縁。運命の子!
家族会議中らしいけれど、何とか我が家へ!
・・・と言ったら、ブログ的には劇的展開なのでしょうが・・・、

ありえません!!

だって、、、
ウっちのほうが断然可愛かった!!!(バカ親発言は永遠。)


c0159512_1641546.jpg

 ・・・綺麗なお花がまた新たに・・・。ありがとうございます。













 
[PR]

by wendymilfy | 2015-07-15 16:36 | ありがとう | Comments(0)


<< 一週間。      ウっち、これがホントのお花畑だよ。 >>