可愛くてナンボ!

wendymilfy.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 10日

ウっちとの最後の夜。

昨夜から、沢山のメールや優しいお言葉を頂き、ただただ感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございます。

ウっちは最終的には、脳からの発作が原因でした。
腎臓の調子が良かっただけに悔しい思いも、正直、捨て切れません。
数ヶ月前から軽い痙攣発作を起こしていたので、
「これは、大きな発作の前触れで、大きな発作が起きた場合は覚悟して下さい。」
と、先生にも言われていました。
薬もあげていたのだけれど、5月の腎臓の悪化から、腎臓への負担を減らす為に、
投与は中止していました。

脳を取るか、腎臓を取るか・・・、の選択でした。

興奮を避ける為に、色々注意はしていたつもりだったけれど、輸液での興奮や、
何より、皮膚のチェックの為のブラッシング(以前できた皮膚病がまた再発したので。)時の興奮が、
ウっちの死期を早めてしまったのかも知れないと、自分を責める気持ちもあります。

6日の夜に後脚が立たなくなり、7日の夕方に病院へ行き、ステロイドを投与してもらいました。

2日間に渡る、波のように押し寄せる発作。
その度に、ウっちを抱っこし「頑張れ。」と言い続けました。

でも、辛そうなウっちを見ていると、段々、、「もう、ダメかもしれない。」と思い始めました。
「ありがとうね。」「いい子だね。」「大好きだよ。」 
そんな言葉をずっとウっちに言い続けていたと記憶しています。

ああ、もう最期なんだ、と思った時、
「もう、ねんねしなさい・・・。」と、ウっちの目を閉じました。
そして、ウっちは二度と目を開けることはありませんでした。
スーっと、上下していた胸が止まりました。

オットに電話で伝えると、「あと30分位で家に着くから。」
オットも早めに会社を出てくれていたのです。
ウっちを撫でながら、暫くそのままで居ました。
でも、私には、ウっちのママとして、最後の役割が残っています。
出来うる限り、お世話になった方々へ連絡させて頂き、帰宅したオットと霊園を決め、予約を取りました。

夕方6時頃、恩人である師匠が駆け付けてくれました。
彼女がいてくれたから、今迄のウっちとの生活があります。
その後、訓練仲間や、昔からの懐かしいお友達、仕事を終えたご主人もご一緒に来て下さったり。
ウっちは沢山撫でてもらいました。「偉かったねー」と褒めてもらいました。

久し振りのお客様に、ミルちは大喜び。
ウっちの傍らにあるお菓子などに目を付け、「ねぇ、あれとってください。」とアピール。
勿論、もらえません。(笑)
「ミーちゃんが居てくれてよかったねー。笑わせてくれるもんね。」と、言われ、
本当にそうだなぁ、と、救われました。ミーちゃん、ありがとうね。

皆さん、「まるで眠ってるみたいだね。」
「いい顔してるね。」「キレイだねー。」と言って下さいました。
ウっちは、きっと「へへへっ♪」と笑っていたと思います。

今日の11:30にお空に戻る事になりました。
昨夜頂いた沢山のお花と、朝、作った「お弁当」を入れてあげました。
c0159512_16463276.jpg


ウっちに作る、最後のお弁当です。
「虹の橋のたもとに行く途中、お腹が空いたら食べなさい。」
c0159512_16463913.jpg


家を出る時も大慌てで出たので、あまりシンミリ・・・ではありませんでした。
ドタバタ!と支度をして、「ウっち、行くよっ!」 ・・・やっぱりウチミル家だ(笑)

近所の霊園に決めたので、ミルちはお留守番です。
ウっち、最後のひとりっ子だね。

霊園に着くと、訓練仲間の方々が待っていてれたり、駆け付けて下さったり・・・。
昨夜から、私が流す涙は何故か、うれし涙ばかり・・・。
悲しい涙をあまり流す間もない2日間です。

霊園の方が、
「16歳とは思えないキレイさですね。」
「本当に愛されたわんちゃんだったんですね。」と、言って下さいました。
本当にそうだね。感謝だね、ウっち。こんなにも愛されていたんだね。

昨日までの梅雨空がウソのような青空の中に、
「じゃね!」と言った後、振り向きもせず、ウっちは駆け上がって行ったように思います。
「うわ~~い♪」 と、あの頃の様に、流線型のような綺麗な走りで・・・。

でも、
私の身体の一部のような存在です。
だから、いつまでも一緒だと信じています。行ったり来たり、、、好き勝手にしてくれると思います(笑)

ウっち、16年間、ありがとう。パパもママも本当に幸せだったよ。
ウっちはどうだったのかな?
正直、ママは反省てんこもりだよ。ごめんね。
それでもね、
一緒に暮らした日々に後悔は無いけれど、未練は抱え切れないほど残ります。

ウっちは自慢の子です。
ウっちのママになれて、本当に幸せだった。
でも、何回も言ったけど、今でも、これからもずっと、ママはずっとウっちのママだよ。

伝えきれない想いは、まだまだあります。
でも、今はまだ、うまく言葉にできません。

ただ、今は、ウっちにありがとう。
皆さんにありがとう、の気持ちで一杯です。本当にありがとうございます。

『お食事処か~さん』
 ・ウっちのお弁当。
  今迄食べられなかったお肉を沢山♪ さぁ、たんと食べなさい!
  大好きだったキチドク!さんのデリ、ママ特製の卵焼きも入れたよ。
  「食べても減らない魔法」をかけておいたから、お空のお友達にもおすそ分けしてあげるんだよー。
  ・・・もっと、もっと、美味しいものを食べさせてあげたかったよ。
c0159512_16464459.jpg


 ・ウっちの最後(7/6)のご飯になりました。
  週に一度のスープの日、元気に完食してくれました♪
c0159512_16465748.jpg

[PR]

by wendymilfy | 2015-07-10 18:25 | ありがとう | Comments(5)
Commented by sorawanko at 2015-07-10 22:15
辛いおきもちの中、詳細を共有いただきありがとうございます。ウッちのこれまでの幸せな時間がわかるようです。いつかはやってくるこの時なのだけど、たくさんのお友達に囲まれて旅立てて良かったですね。ミルちのためにも、どうかお力落としのないように。
Commented at 2015-07-10 22:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 内山 at 2015-07-10 23:14 x

心のそこから愛情が湧き上がる、優しい気持ちが溢れて止まない・・そんな文章を読んでいて涙が止まりません。。。
ウッちはウチミルさんのお家の仔になれて本当に幸せだったと思います。

ウッち、今まで仲良くしてくれてありがとう。。。一緒にBBQしたり、浴衣姿でみんなと撮影会したり、ファションショーのモデルがんばってくれたり。。。
思い出はいっぱいです。ずっと忘れないよ!!!
ありがとう☆
Commented by アニトレの母 at 2015-07-10 23:27 x
ウっちの訃報に涙が止まりません。
ママの手づくりご飯、色々調べられてサポートして
こられたからこそ、ミーちゃんが元気でいられるし、
ウっちゃんが若々しく長生きできたんだと思います。
今は頑張らなくちゃ!!と気が張っていると思いますが、
休める時には休んで、泣きたい時には泣いてくださいね。
長年一緒に暮らした可愛いウっちゃんがいない現実は、
想像以上にお辛いと思いますが、我慢しないで下さいね。
寄り添ってくれるミーちゃんに甘えて下さいね。

可愛いウっちゃんのご冥福をお祈り致します。
Commented by uk_& あーやん at 2015-07-11 12:16 x
ウっち、なんて美人さんなんでしょう・・・
あーやんの最期を 思い出しました・・・
がぶちゃんの荷物チェックは無事おわったかしら?たくさんのおともだちと再会して
おしゃべりしていることでしょうね。
ママにたっくさんのありがとうを伝えてると思います。悲しみすぎたらウっちに叱られますヨー

ママさん、おつかれさまでした!ウっちは永遠です☆


<< ウっち、これがホントのお花畑だよ。      ウっち、頑張りました。 >>