2015年 07月 04日

ウっちの血液検査。

今日はウっちの血液検査の日。朝から病院です。
定期的に輸液をしているけれど、それが何処まで功を奏しているか?が気になるところ。
相変わらず食欲は絶好調です。

病院には今日は御用はありません、のミルちはお留守番。
ウっちは久し振りの一人っ子気分。相変わらずチャカチャカ♪ 結局、ひとりでもふたりでも変わりません・・・(笑)

休日の病院はやっぱり混雑。
「地域に根ざした獣医療」がモットーの院長先生だけれども、口コミで広がり遠方から診察を受けに来られる
方々も多いのです。
待合室、外のベンチエリア、車、いずれかで待機。お知らせに来てくれます。

で、結果は、
体重も増え、8.0kg。
そして、ミラクル・ウっち、ふたたび三度、いえ、もっと。で、
クレアチニンは1.6とまたまた下がった♪ 尿素窒素は6.1と前回よりも増えたけれど、状態はキープ♪
カルシウム、無機リンの値も正常値内。頑張る16歳。
「居るのが当たり前じゃないけれど、やっぱり、居るのが当たり前のウっち」、まだまだ健在です。
点滴注射の時や、細かいこところでガマンができない事が多くなってきて、
「もぉ、ターイヘン!」って時もあって(笑)、そんな事がこれから先、鮮明に記憶に残るのかなぁと、思う時もあるけれど、
若い頃のウっちを懐かしく思い返して、ちょっぴり切なくなったりもするけれど、、、
やっぱり、そんな事はないんだよね。
今は、辛い思いをさせるコトもあるけれど、16年間、やっぱり楽しいコトの方が断然多かったし、
今も、そう。
だから、まだまだ頑張れるね、きっと。

家に帰り、イヤなコト(採血)をされた泣きべそウっちはケージ内でグッスリ・・・ZzzZZzz
c0159512_13265470.jpg


おいてかれんぼ(お留守番)のミルちも、やっと落ち着いてお昼寝中
c0159512_1327266.jpg


とりあえず、一安心なウチミル家の土曜日です。


ここ最近、友達わんこの相次ぐ訃報で寂しいウチミル家。
ふたりとも11歳、14歳と立派に頑張った、そして本当に可愛かったコたちです。
今でも、元気でいるような気がして仕方が無い・・・。

そして、数日前に訓練仲間だった方の訃報が届きました。
体調を崩されてから数年間、お会いすることは叶わなかったけれど、
とてもお世話になり、みんなのお母さんのような存在の方でした。

3歳の頃からの幼馴染や、学生時代の友人、独身時代からの友人や、夫婦共通の友人、わん友さん達、、、
皆、ぞれぞれに長い付き合いで、それぞれに沢山の想い出と、今でも変わらぬ感謝があるけれど、
同じように真剣に犬と向き合い、苦楽を共にした時間を共有することができたお仲間は、
また、特別な存在です。キラキラと輝くような日々は何にも代え難いものです。
そんな事を、仲間のSちゃんと電話で話しながら、
犬を見送るのは本当に辛いけれど、不本意ながらも犬を置いて逝くという事が、
家族が面倒を見てくれると分っていても、、、どれ程心残りな事か・・・。
この子たちを一番愛しているのは、他ならぬ自分達、自分達の代わりは誰にも出来ないのだから、
残された私たちは、彼女の分まで頑張って、そして最期の時まで大切な我がコ達を守っていかなくちゃいけない、
という想いを、心からご冥福をお祈りすると共に、改めて強く心に留めたのでした。


『キチドク!祭り withお食事処か~さん』
 ・お肉&野菜&おそばのパン
 ・舞茸&セロリ&ニンジン&シャカシャカなど、のデトックス&健脳&免疫UP効果期待のスープ
 ・スーパーブロッコリー&レッドキャベツのスプラウト、水菜 +Ca&酢 のサラダ
 ・卵&豆腐、POPGUN(ハトムギロースト)、B&Bイースト、サーモンオイル などなど
  サプリ各種&ハーブ各種&漢方薬
c0159512_13273629.jpg


 ・定番・ウチミル坑しこり&腫瘍対策スープ
  (今回はちょっと手抜き(笑))
c0159512_13274628.jpg

 
 ・キチドク!祭り に、小豆カボチャ、大根&山芋の摩り下ろし、その他いろいろ。
c0159512_13275310.jpg

[PR]

by wendymilfy | 2015-07-04 14:44 | 病気・病院 | Comments(2)
Commented by ガニママ at 2015-07-05 17:52 x
4本足の娘たちは、自分たちが見送らなければいけない事…辛いけれど、置いて逝く方が辛い事、しみじみ考えてしまいました。

ウっちゃんの検査結果良かったです。何度も書いていますが私は、検査結果で一喜一憂して、獣医さんの前で泣いたり飛び跳ねたりと、獣医さんに笑われる飼い主だったので…。(汗)

ウっちゃんみーちゃんのシニア生活が味わい深く、安定しているのはやっぱりトライアルを通じて、家庭犬だけではないウっちゃん、みーちゃんとの関係づくりをされたからなのだなあって感じます。

だからこそ、我が家のHanaも明るいシニア生活を目指して、今踏ん張りどころかなあって…。食餌毎回思いますが、で毎回書きますが、ご本として出版されたら?って思いますよ。そのくらい素晴らしいって思いますし。
私は絶対購入したいです。ブックオフではなくって初版をサイン入りで。
Commented by wendymilfy at 2015-07-06 16:32
♪ガニママさん
ありがとうございます♪
お陰様で、今のところキープ状態です。
一喜一憂、本当にそうですよねー ワタシも毎回そうですもん(笑)
出来る限り、サポートしていけらた、と思っています。

確かに、家庭犬としての躾けと競技犬としての訓練の関係づくりは、濃さが違うように思います。
ただ、横に付いて歩く、待つだけではなく色々ありますものね。
正直、コレって普段必要?と思うような科目もありますが、
飼い主も犬も頑張った分の「プラスアルファ」は、絶対に存在するという確信があります。
きっと、トライアルを頑張っていらっしゃるHanaちゃんファミリーにも、その「プラスアルファ」があると思います。
決して長いとは言えない犬との生活の中で、踏ん張る時は、今思えば一時です。
これからのhanaちゃんファミリーを、ワタシも陰ながら応援させて頂きたいです。
ご飯、、、ホントうちの子仕様で(笑)、さぁ参考にして!と言えるものではないですが、
そんな風に言って頂いて、ありがとうございます。


<< キチドク!祭り、再び in 元町♪      ミルちの肉球のポチっ。と、全力中年。 >>