可愛くてナンボ!

wendymilfy.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 08日

「ありがとう。」を、伝えたくて・・・。

杏仁と初めて逢ったのは、2年前の秋キャンだった。
妹の天真と「真顔」で並ぶ姿は、昔観た映画の、「手を繋いで佇む、金髪の双子の少女」のシーンを思わせた。

丁度、杏仁と天真を足して2で割った顔、が、ミルちの顔によく似ていて、
とても親近感を感じる子達だった。


初めはよそよそしかった杏仁も、季節ごとのキャンプや、アジ・訓練競技会で会う度に、
少しずつ心を開いてくれているように思えた。
仲間のわんSとも、程良い距離を保ち、違和感無く、母ちゃんや天真と遊んでいた。

たまに傍に来てくれたりもして、「オバさん、あのね?」と、じっと見詰めてくれたりもした。
・・・やっと、これから♪ って、思っていたのに・・・。


今年の初めに杏仁の病気の事を知らされ、何も出来ないながらも杏天母ちゃんと沢山の話をした。
もともと、ジメジメ・・・が苦手なワタシ達、現実を受け止めながらもジョークをカマして、
時には笑い飛ばしていたりもした。
そして、お互いに、たまに鼻水をすする音や涙声は聞こえないふりもしたと思う。


でも、彼女のブログの中には、杏仁への愛情、治療への葛藤・・・、沢山の悲しみと愛情で一杯だった。
皆、それが痛いほどに分かっていたから、あえてワタシ達は笑う事を無意識に選んでいたのかも知れない。


本当は、こういう気持ちを公のブログに書くのは苦手だ。
伝えたい言葉や気持ちは、伝えるべき相手だけに伝えれば良い、そう思ってきた。


それでも、やっぱり残しておこうと思った。
だって、杏仁は本当に良い子だったから・・・。
本当に頑張ってくれたから・・・。
母ちゃんも、父ちゃんも、天真も・・・、みんな頑張ってくれたから。
そんな友達がいる事を、誇りに思うから。


何の力にもなれなかった無力さは、本当に悔しいけれど・・・。


7月のキャンプの時に、「杏仁、また会おうね!一緒に遊ぼうね!」 と、勝手に交わしたけれど・・・、
いいんだよ、杏仁。 杏仁は本当に頑張った。夏のキャンプで元気な姿を見せてくれたね。
それで十分だったんだよ。
約束は、ちゃんと守ってくれたんだよ。


私たちの大切な友達の杏仁は昨日の深夜に旅立ちました。
母ちゃんと電話で話した、わずか4時間後の事でした。
でも、家族に見守られ、沢山愛されて・・・、杏仁はきっと幸せだったよね?

ありがとうね、杏仁。
いつまでも忘れないよ。「またね!」


☆昨年5月の杏仁
 母ちゃんと見事クリーンラン♪ 頑張ったね!
c0159512_21442875.jpg


☆今年7月のキャンプでの杏仁
  元気に水遊びしてたねー。 潜ってたねー。
c0159512_21443627.jpg



杏仁のご冥福を心からお祈り致します。
[PR]

by wendymilfy | 2011-10-08 22:40 | ひとりごと | Comments(8)
Commented by アロママ at 2011-10-09 10:56 x
杏仁も杏天母ちゃんも よく頑張ったと思う。
いっぱい悩んで 迷って、苦しんで・・
でもそうやって杏天母ちゃんがやってきたこと、全部間違ってることは 何一つないと思うんだよね。
いま杏天母ちゃんに一番言ってあげたい言葉はそれしか浮かばない。

生死をさまよったみ~ちゃんのことがあるから ウチミルママは杏天母ちゃんの迷う気持ち イチバンわかってあげられたんじゃないかな?
そんな仲間の何気ない気持ちが 杏天母ちゃんをいっぱい支えてきたんだと思う。
今年の西湖で会ったとき こんな大きな病気を抱えてるなんて 聞くまでわからなかったぐらい 元気いっぱい泳いでいた杏仁のこと ずっと覚えていようと思う。
杏天母ちゃんにも その愛情は 花丸3重丸の100点満点だったよって言ってあげたいな。
 
しばらく気持ちの整理もつきかねると思うけど 早くまたあの明るい杏天母ちゃんの笑顔が見れたらいいな~
Commented by P太郎ママ at 2011-10-09 14:02 x
私が杏仁ちゃんに最初にあったのは、1歳か2歳の若い頃だった。河川敷をものすごいスピードで走っていてびっくりした。私の知っているゴールデンは、若いのもそれほどでもないのもみ~んなまったりさんばかりだったから。こんなゴルもいるんだ~って。今まで知らなかったゴルの魅力を教えてもらった。
飼い主はパートナーと1分1秒でも長くいたい。それはきっとみんな同じ思いだろうけど、犬はそうじゃないと思う。長いとか短いじゃなくて、その1瞬の満足度の深さ、それだけしかないはず。そういう意味では、杏仁ちゃんは、ものすごく深い人生を生きて、愛して愛されて、しあわせで楽しい一生だったよね。
とはいっても飼い主には必ず後悔は残ると思うの。がんばった人ほど、愛情が深かった人ほどそうだと思う。杏天母さん、きっとしばらくは悲しくて辛いと思う。でも、また笑ってくれるといいな。天真ちゃんもいるし、大丈夫だよね。
杏仁ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Commented by wendymilfy at 2011-10-09 21:53
♪アロママちゃま
本当に、夏キャンでの杏仁は楽しそうで、元気だったよね。
ワタシ達も病気のコトなんて忘れちゃいそうだったもん。
うずら・・・完食してたよね。 足、口からでてたよね(笑)
本当に、杏仁は最後の最後まで、楽しい事して幸せだったと思う。
でも、その為に杏天母ちゃんがどれ程切磋琢磨していたか、
本当に頭が下がる思いだよ。

杏天母ちゃんは、ミルちが生死をさまよっていた時に初めてコメントをくれて、沢山励ましてくれたんだよ。
みんな言葉は悪いケド(笑)、さりげなく励ましあって・・・。
友達ってありがたいよね。

またみんなで会って、杏仁の思い出話も含めて、笑顔で話せたらいいね。
Commented by wendymilfy at 2011-10-09 22:14
♪P太郎ママ さん
そうだったんだー!杏仁は本当にハイパーだったからねー。
アジの時も凄かったんだよー。
杏仁の持ち味を生かしてあげた、杏仁母ちゃんもすごいよね。
本当にカッコよかった。

そうだね・・・、本当にその通りだと思う。
杏仁はまだ6歳だったけれど、沢山母ちゃんと頑張って、沢山家族と楽しい事して・・・。
本当に深くて濃い一生だったと思う。たくさん愛されたと思う。

ワタシも含めて、飼い主さんはいつか同じ道を辿るんだと思う。
でも、その日まで、いつその日が来ても、なるべく後悔しないように、
大切にしていかなきゃいけなんだよね。

そう、天真も本当に可愛くて、母ちゃんを笑わせてくれるって言ってた。
母ちゃんを救ってくれると思うよ。
Commented by トラメリ at 2011-10-11 23:28 x
杏仁ちゃん、天真ちゃん、ママさんとは、去年の年末に競技会でお会いしました。

初めてお会いしたのに、『もしかして、トラメリちゃん?!』と優しく声をかけて下さり、とても嬉しかったのを覚えています。


こんなに若くて可愛い子がどうして、と思わずにはいられませんが、ご家族や、ウチミルさんファミリーなどお友達に囲まれて、たくさん遊んで、濃い一生だったんだと思います。


杏仁ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Commented by wendymilfy at 2011-10-13 22:23
♪トラメリさん
お返事遅くなってごめんなさい!

そんな事があったんですねー。
あの時は、まだ病気の兆候もなく元気だったんですよ。

本当に杏仁を奪った病気が憎いです。
でも、6歳という若さだったけれど、杏仁の一生は充実していて、
とても幸せだったと思います。

ワタシ達も、杏仁と出逢えて本当に嬉しかったです。
Commented by 杏天母 at 2011-10-14 08:58 x
ウチミル母さん、ありがとね
杏仁の病気がわかってから、どうしようもない気持ちになってもうダメなんだ・・・なんて諦めかけて落ち込む私を励ましてくれてありがとう
あのとき、「諦めちゃダメだよ!」「やってあげられることはまだあるんだから!」そう言ってもらえて、それから何度も何度も助けてもらって前を向いて杏仁と一緒にがんばることができました
感謝の気持ちでいっぱいです
何度、ありがとうの言葉を言っても足りないぐらい
沢山沢山、私を助けてくれてありがとう

ジメっとしたのが苦手な仲間だから、いつも明るくしてくれて・・・その中でも誰よりも杏仁のことを心配してくれて、願ってくれているのがわかった
きっと、杏仁もわかっていたと思う
この記事ね・・・何度も何度も読んだよ
ありがとうの気持ちでいっぱいになりすぎて・・・なかなかコメントできなかった

お母様・・・そうだったのね
大丈夫?大丈夫じゃないよね。。。
大変なときに、ありがとね

お母様のご冥福をお祈りします

Commented by wendymilfy at 2011-10-15 00:31
♪杏天母ちゃん
こちらこそ、ありがとうね。
母の事は、本当に急だったんだよ。
でも、私は大丈夫だからねー。心配してくれて本当にありがとう。
それに、辛い時にコメントまで残してくれて、ありがとうね。

にんちゃん、本当に頑張ったね。本当に良い子過ぎたよね。
そして、母ちゃんも本当にお疲れ様でした。
言葉にすると、なんだか薄っぺらくなっちゃう気がして、イヤなんだけど、
でも、私だけじゃなくみんなが同じ想いでいたと思うよ。

頑張っている人に頑張ってっていうのは酷だって風潮が最近あるけれど、
でも、やっぱり頑張って!って気持ちだった。
そんな風にしか応援できない事ももどかしかった。
逆に、明るくふるまっていた母ちゃんに、私たちが励まされている気になっちゃってたよ。
あべこべじゃんね?(笑)

これからも、沢山「くだんねぇ〜コト」言って笑おうね!
こちらこそ、いつも沢山の元気をもらってるよ。
本当にありがとう。これからもヨロシクね!



<< 多忙でした・・・。      はやく、はやくぅー♪ >>