可愛くてナンボ!

wendymilfy.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 26日

おったまげ♪ミ~ちゃんのおてつだい♪

そろそろPCに向いましょう・・・(笑)

昨日、今日と雨マークだったウチミル地方。
そろそろ嫌ぁ~な梅雨の季節、そして台風等の季節がやって来ます。
そんな天気に左右されがちなのが、お散歩&排泄事情。

ミルちは「ちっこ」は家でもしてくれるけれど、「ウ○P」は出来れば外でしたいタイプ。
排泄をガマンさせる事は健康上したくないので、天候に関係なく、必ず毎日お散歩タイム。
ちなみに、ペットシーツで「ちっこ」をしてくれると、色や量など尿の状態を確認できるので助かる。
最近は歳のせいか、「ウ○P」も たまに家でぽろりんこ(笑)

2階と3階を自分で行き来していた頃は、キッチン・ストーカーしているなぁ、と思っていたらば
慌てて3階に走り上がって行き、暫くするとまた、2階のミニ・キッチンに戻ってくる。
3階に上がってみると、御用の後が・・・(笑) イイコね♪
そして、そんな健気な姿が可愛い♪

ミルちのトイレスペースには「スーパーワイド」の上に「ワイド」の大きさのペットシーツ。
通常は「ワイド」だけを交換すればOK.
私達が不在で戻って来た時、使用済みの「ワイド」のペットシーツだけが、
綺麗に奥の方に退かされている時があって、「下のスーパーワイド」は綺麗にそのまま。
「上手にしてあるけど、きっと、立つ時に脚がすべって奥に行ってるんだね。」と、オットと話していた。


今日はオットがお休み。
午後から3にんで、のんびりお昼寝タイム♪
うとうと・・・ぽけら~、っとしていたらば、ミルちが「のそっ。」っと起き出して、
ケージ内のトイレスペースで、すましたお顔で「ちぃー。」 イイコね♪再び(笑)

起き上がって取り替えてあげようと思ったその時、
一旦その場から離れたミルちが、中央付近にある使用済みのペットシーツに
鼻っ面を持っていった。
ニオイを嗅いでいるのかと思いきや、違う。
鼻をうま~く使って、クルクルとそのペットシーツをたたんで、奥にやっているのだ。
思わずそ~っと近づいて見て見ると、たまに見かける、あの形。

思わず、「へぇ~~!ミ~ちゃん、こんな風にしてたのぉ?」と傍らに寄って行き、撫で回した(笑)
だって、めっちゃ感動!!(笑)

犬はキレイ好きと言われ、自分の巣穴やテリトリーを汚さないと言うけれど、ホントだと思う。

オット曰く、
「いつもオレらがやってるのを見て、きっと真似してるんだよ♪」
まぁ、確かにたたんでいる風にも見える(笑)
これで、自分でゴミ袋に捨ててくれたら、もぉ満点♪なんだけど(笑)

そうだね、きっと、「ミ~ちゃんのおてつだい」なんだね♪
そんな風に、やけに感動した午後の出来事なのでした。

ミ~ちゃん、もぉっ♪ あーたってば、ほんっと、天才っ♪(本日の親バカ。)


☆ヘソ天寝からの、起きてパパを見つけて嬉しい♪のミルち(笑)
 今日も元気です。
c0159512_21214296.jpg

『お食事処か~さん』
 と言っても、キチドク!祭りの続き♪&オーストリッチの煮込み
c0159512_21212061.jpg
最近、消化を助ける為に、ご飯の前の10分位前に、温かい飲み物をあげています。
メニューも何品か。
機会があったらアップしてみようかな。








[PR]

# by wendymilfy | 2017-05-26 22:28 | 日常&ごはん | Comments(2)
2017年 05月 16日

ウチミル家の3連休。

土、日、月と3連休だったウチミル家です。

日曜日は、ちょいとハマ&ご近所のデパートまでお出掛け。母の日ですし(笑)。
洋服をちまちまと買い足しと言うか、リニューアル。
オットもだけれど(物を捨てない、故に、溜まる)、ワタシの物持ちの良さも結構あるある。
20年前の洋服も現役くん(笑)上から下まで、まだ着てやるぞ!

特にアウトドア系の服は、ウっちとの想い出が詰まっているので、なかなか処分出来ない。
だけど、どうしても捨てられない服は別としても、
流石に「もぉ~いいんぢゃぁないか?」という服は、この度、思い切って処分と相成りました。
独身時代の数枚から、ここ数年で着倒した物まで、、、
クローゼットも引き出しも、すっきりさっぱり♪ ゴミ袋2個分いってやった。
服にも呼吸をさせなければいけない、って言いますし。

前日の土曜日はミルち孝行で「キチドク!」さんのマンスリー・バザールへ。
外苑前のDogsignさんでは最後とのコトなので、これは行かないと♪

ネットで注文できる毎月の食材の他に、ここでしか買う事の出来ないスペシャルなデリは、
ヒトもわんSも、本当に楽しみのひとつなのです♪
生憎の雨降りだったので、お店の前のコインPに車を停めて、ワタシだけ店内に。
凛ちゃんママにやっぱり会えた♪
開店同時に行ったのに、既にsoldout(?)な、デリもチラホラ。毎度争奪戦のデリの皆さん。
負けちゃぁいられない(笑)。
頼んでおいた「PRASAD」x5個と、デリを幾つか・・・♪

 ・鹿肉バーグ ・サーモンケーキ ・ヤギミルクのふわふわ食パン
 ・タラのトマトパッツァ ・ミートローフ ・ポークチョップ
 ・スペシャルトライフル
c0159512_18394887.jpg
夜ご飯になりました♪
 それぞれに、馬肉(生)や、シャカシャカ入りスクランブルエッグ、青パパイヤ、キウイ、
 B&Bイースト、ピヨカル(Ca)、リンゴ酢、などの栄養素をプラスして調整したりして微調整。
c0159512_18395943.jpg
 


c0159512_19190418.jpg

 月曜日は久々のシャンプーの日。
 お疲れミルち。お疲れさま♪
c0159512_18435134.jpg
お疲れかと思いきや、夕方のお散歩は張り切って45分歩いた♪
ここ数年は、時間や距離はミルちに任せているのだけれど、今日は久々に頑張ったね♪
ちなみに、大抵は朝10~15分、夜は3分~30分の間のまちまち・・・(笑)
でも、パピーの頃から「お散歩拒否」は一度も無い、お散歩大好き♪ミルちです。

『ウチミル・キッチン』に新しい仲間が増えた♪
 渋谷のはちみつ専門店で見つけて、ど~しても連れて帰りたくなったもの。
 オリーヴのくるくるスティックで、はちみつをくるくる♪
 あ、はちみつ(オレンジなんちゃらですって。)は、ヒト用でミルちにはあげません。
c0159512_18400755.jpg
そんなここ数日&3連休の出来事でした♪



[PR]

# by wendymilfy | 2017-05-16 19:33 | ちょっと、かなりイイモノ | Comments(0)
2017年 05月 05日

ミルちのG.W &ウチミルご飯と健康管理

今年もやってきたゴールデンなウィーク。
オットは昨年から(会社は変らず)シフト通りの勤務なので、あまり関係ございません(笑)が、
馴染んでしまえば、平日での休日はなかなか都合の良いモノで、それなりに過ごしています。

ミルちにはお留守番してもらって、近所のデパートでランチや洋服、日用雑貨、
帰りに食材などのショッピングなどなど、3時間程外出もしました。

前半はミルちの病院廻り。
1日目はオゾン療法・19回目。
2日目は主治医のいるいつもの病院で検診&薬をいただきました。

ここ数日、脚の具合がなんとなく良く無さそうなので、主治医の院長先生に伝え、診て頂くと、
少し痛みが出ているのかも知れない、との事。
とりあえず、今回は投薬は変えずに様子を診る事にしました。
「ヘケヘケ・・・」をする時があるけれど、心臓・肺共に雑音は無いとの事で、そこは一安心。

そんな中、前日のオゾンが効いて来たのか、「ヘケヘケ・・・」が軽減。
痛みの緩和には一役買ってくれているようなので、何日か間隔を縮めてオゾン注入も思案中。

食欲は変らずに旺盛、食べ物の為にはチャキチャキと歩く。
お留守番の腹いせに、ベッドに飛び乗り布団をひっぺがす、という暴挙の跡もありました(笑)

オゾン療法の後は、ミルちも一緒にニコタマへ。
丁度、カミナリが鳴っていた時なので、「家に居なくて良かったねーー!」
JOKERさんに居る時は、貰えるオヤツに気持ちが奪われているので(笑)あまり気にならない様子。

それでも、たまにゴロゴロさんに気が付いちゃって、こんなお顔。
「ミ~ちゃんっ、気のせい!気のせい!」と、うっち~と共に励ます・・・(笑)
c0159512_17352726.jpg
ニコタマでのお買い物は、軽くて気に入った「ワッフルロゴT」UVカット機能も嬉しい♪ の、
色違いを追加購入。
ライム色もお似合いのミルち♪(親バカ。)
c0159512_17353669.jpg
ウっちやタバサとの想い出は大切な宝物だけれども、今、居てくれるミルちはもっと大切。
ウっちやタバサの代わりは居ないけれど、ミルちの代わりだって居ない。
何だかんだ言っても、それぞれ違った形の愛情があって、そして、どれも根本的には深さは同じ。

昔、職場の社長に「ねぇ、本当はどの子が一番可愛いの?」と、しつこく訊かれた時、
「バッカぢゃないの?!アンタ、自分の子、順番決められんの?」と思ったものだ(笑)
その人の身内のゴルが色々あって、噛んだりするので手放したいと相談された事もあった。
犬の性格の問題ではなく、飼い主の問題と思われたので、
ワタシは接し方と、訓練を薦めた。そこで飼い主共々学ぶべきだと。
そしてヤツは言ってのけた。
「保健所に連れて行ったら、それが記録に残って、次に小さい犬とか飼えないのかなぁ。」

・・・絶句。

結果的に、そこ辞めて良かった(笑)

あら、イヤだ!脱線、脱線!(汗)


さて、健康管理のサプリ類(勿論、食材・オヤツも)はヒューマングレードな物を選ぶようにしたり、
疑問がある時は、昔から、その会社のオーナーの方に直接訊いたりするのだけれど、
今回、詳しく聞いてみると、
「コレは、ガンを患っている子にも良いですね~。」と、獣医さんにも絶賛されたらしいサプリが、コレ。
白内障予防の為に、ウっちの時代からあげていたけれど、それだけぢゃぁなさそうな成分。
コレをあげていれば、ローズヒップはいらないそう。
オットに言ったら、「あげて!たくさん!」・・・ぃや、そーゆーコトでもないんだけどね・・・(笑)
というコトで(笑)、オットが大きいサイズを買ってくれた、ミルちの為に。(笑)
いつも小さいサイズを購入していたので、保存法や適正な容器の質問をしたら、
「いつも買って下さっているので、容器はプレゼントします♪」 嬉しい(涙)
サプリは程ほど量をあげましょう(笑)
c0159512_17361296.jpg
『お食事処か~さん』
・グラスフェッド・ビーフや鶏胸肉、馬肉(生)、卵に紫蘇を混ぜたり、大麦の若葉のスープ、
 キチドク!さんの、「キドニーケア」や「アンチエイジング」のデリを一緒に。などの、
 いつものご飯。

c0159512_17364009.jpg
c0159512_17350665.jpg
c0159512_17344321.jpg
「子供の日スペシャル」は、これまたキチドク!さんの、カボチャと小豆たっぷりのパフェ♪
c0159512_17354667.jpg
世間様で言うゴールデン・ウィーク、ミルちの体調を見ながらのんびり♪と、
渋滞嫌いのウチミル家らしい、毎年の風物詩です。















[PR]

# by wendymilfy | 2017-05-05 18:56 | ちょっと、かなりイイモノ | Comments(6)
2017年 04月 24日

真の「相棒」


前記事に引き続き・・・
「朝早くて良ければ、一緒に乗って行く?」と、我が師匠の優しいお言葉♪
(オットは仕事につき行かれないので、電車で行こうと思っていたのです。)
家は近いけれど、忙しい日になんか悪いなぁと思いながら、「いつもの場所」で待ち合わせ。
オットが競技会に行かれない時は、あの頃は彼女の車で一緒に行ったものだ。

不思議とその電話の直後から、ワタシの身体にスイッチが入った。
あの頃の様な、競技会前日の緊張感。出ないのに・・・(笑)
夜も何故だか眠れない。出ないのに・・・(笑)

だから午前3時、セットしておいたアラームの音が鳴るのを待つように「しゃきっ♪」と、起床完了。
小さい灯りだけをつけた ほの暗いキッチンの冷蔵庫から栄養ドリンコ、もといドリンクを取り出し、
「ぎっ」と飲み干す。出ないのに・・・(笑)

洗顔、メイク、着替え・・・、ちゃきちゃきと手が動く。
腑抜けモードだったワタシの身体やお脳が、あの頃の様なモードになっている事に驚く。出ないのに・・・(笑)

「行ってくるね~♪」と、小声でまだおやすみZzzZZ中のオットとミルちに声をかけ、家は出る。

ほんの少しだけ白み始めた空を見ながら、待ち合わせ場所へ。
おシッポを振りながら(?)師匠の車を待つ。
程無く、師匠の車が滑り込んでくる。「おはようゴザイマ~ス♪」と車に乗り込む。
師匠の愛犬たちも後ろのケージに居る。途端に鳴声が車内に響く。(直ぐに止むけど)

全てがあの頃と同じ空気感だった。ウっちが居ない事を除けば。
あの頃と同じ空気感の中、ウっちだけが居なかった。
そして、師匠の愛犬たちも代替わりをしていたけれど。

それでも、久々に会った師匠と色々な話をしながら楽しい時間だった。
車窓に流れる首都高の景色も段々と明るくなっていく。もう直ぐ江戸川だ。

前日夜の雨の影響で、地面は最悪だった。
駐車場だけでなく、リンク内にも そこここに水溜りが有り、「今日は荒れるなぁ。」と心配になる。
特にレトリバー種にとって、水や水溜りを埋めた砂は大好物な事が多い(笑)

師匠のスクールの生徒さん達とご挨拶。
懐かしいお馴染みさんや、初めまして♪の方。
シェルティの飼い主さんもいらっしゃった。
師匠がワタシを紹介してくれる時に、
「長年、シェルティをやって(出陳)いたんですよ。
 (ウっちが)かなりのツワモノでしたよ、色んな意味で・・・」と、ニヤリ。
「先生にそんな事を言わせるなんて~。」と、その方。
・・・どんなツワモノだったんだ?と思われたに違いない(笑)
確かに、良くも悪くもツワモノだったよね?ウっち。(笑)

競技会場をのんびり歩いた。
吹く風も、景色も、あの頃のままだった。
不思議と悲しくはなかった。ウっちと一緒にいるようだった。

グウママファミリーにも久し振りに会い、エルフや期待の新人ライリーにも会えた♪
マクハラママさんファミリーと、お友達のセレモコママさん、先生にもお会いできた♪
あの悪条件のリンクの中、皆さん本当に素晴らしかった。
結果や詳細は、恐らく皆さん各ブログで報告されるでしょうから、ワタシからは語りません。(笑)

諸事情により、お昼にはお先に失礼したけれど、
帰り際にご馳走になったグウママの「水餃子&肉団子スープ」が、めっちゃ美味しかった♪
そして、食い逃げ・・・(笑)いつもありがとう♪♪
皆さん、本当にお疲れ様でした!そして、楽しくて懐かしい時間をありがとうございました。
「迷子にならぬよう。」駅までの帰り道を送ってくれた、優しいマクハラ母さん♪貴女は女神です♪
お邪魔しない程度に、お邪魔しま~す♪と言っていたけれど、お邪魔だったのではと心配です(汗)

皆さんの競技を見ていて、血ぃが騒いだ(笑)
「競技会、出してナンボ!」と、やっぱり思った。
そして何より、「自分の犬に対する、自分自身の覚悟」を感じることが出来た。
自分の犬の、長所は勿論だけど、短所だってあるだろう、その全てを受け入れる覚悟。
それが無かったら、競技には出せない。出すべきではない。そう思った。

ワタシは競技に関して「他に対する闘争心」が無い、薄いと言うべきか・・・。
(一般的に「競技」という以上、他人・犬と競う事になることは否めないのかも知れない。)
ライバルと言うのなら、それはウっち。リンク上で唯一のミカタであるウっち。
それは、訓練を始めた時から、師匠がワタシに、自然と植えつけてくれた「教え」だと思う。

「ウっちは、リンクで絶対にやるコだよ。科目を落とすタイプじゃない。確実性を持ってるコだよ。」
「やらない時があるとしたら、指導手ミスしか在り得ない。ウっちは悪くないよ。」

「ウっちは安心して観ていられる。何の心配もしてないよ。自信を持って楽しんできて!」
リンクイン直前には、そう言って送り出してくれた。

競技に出す前に、やるだけの事をやり、犬をその成長過程で出来うる限り完璧な状態に仕上げたという自信。
そのレベルまで引き上げてきた、という自信。
その自信だけを頼りに、リンクに立つ事。その事を師匠は教えてくれた。
練習通りにやれば、結果は自ずと付いてくる。
駄目な時は、ワタシがウっちを上手く導けなかっただけの事、言い訳は出来ない。
勿論、駄目な時は悔しい。でも、それは自分自身に対してだ。

良くても一席を取れない時だってある。「くぅぅ・・・、惜しかったぁ!」と思う時もある。
でも、犬には個々に訓練性能のキャパがある。一席の犬がウっちよりも良かったに他ならない。
ウっちの訓練性能は、師匠曰く「上の下」。それが現実だと思った。
でも、ワタシはそれを受け入れた。それが競技犬としてのウっちの実力だから。
ウっちを責める気持ちなど微塵も無かった。それがワタシの「覚悟」だ。
師匠から、ワタシは「自信」と「覚悟」を教わった。
ワタシにとって競技は、それ以上でもそれ以下でもなかった。

何より、師匠はウっちをワタシの「相棒」へと導いてくれた。
「相棒」とは、一緒に事を「成し遂げる」時の相手の事だから。

江戸川の河川敷を眺めながら、いつか、ワタシにもウっちの様な「相棒」が現われるのだろうか?と思った。
我が家の可愛いコ、わが子同然の存在とは違う「相棒」は、そんなに簡単に決められない。
オットの「相棒」がミルち(別名:可愛いミ~ちゃん♪)であるように、
ワタシにとって「相棒」とは、唯一無二のウっちだけだ。
でも、やっぱり寂しい。いいのか?これで・・・。
某ドラマだって、もう4人目だし・・・(?)って、ちょっと違うぢゃん!!
などと、熱く繰り広げられている競技を横目で観戦しながら、心の葛藤と戦うワタシがいた。(笑)

江戸川の河川敷は、ウっちをワタシの「真の相棒」にしてくれた最初の一歩♪の場所です。



[PR]

# by wendymilfy | 2017-04-24 19:08 | 訓練・競技会 | Comments(2)
2017年 04月 21日

「本部競技会」と「競技会のDVD」、その後。


桜が葉桜になり、暑かったり寒かったり、、、埃っぽい風に咽る季節になると、何処となくソワソワ。
「JKC本部競技会シーズン」の到来だ。
今は全く持って関係ないのに、血が騒ぐ・・・(笑)

今でこそ「OPDES」などに出陳する方も多いし、
FCIなど大きな大会も幾つかあるけれども、
JKCの春、秋と年2回開催される「本部競技会」も、大切な大会の一つではなかろうか。
訓練競技を志す以上、「本部で成績残してナンボ!」と意気込む方々も少なくないかも知れない。

全国、北から南津々浦々(?)、この大会を目指して東京・江戸川の河川敷に集結する方もいらっしゃると聞いた。

ナニも知らずに「人生初の競技会」が、この本部競技会だったワタシとウっちは傍若無人と言えよう(笑)
知らないとは恐ろしいモノで、以前記事に書いた通り「ウっちの事件簿、お花畑見えちゃった♪」が、
その傍若無人っぷりを物語っている(笑)
ビビリのウっちのクセに、リンクに張られているロープを恐る恐るくぐって入ったクセに、、、。
(他の犬は軽々と飛び超えて入った。)
今、思えば、2科目めの「紐無し脚側」で、
「こんなに楽しいのに、ママなんで一緒にあそばないの?」と、一応気を使ってか、ワタシをチラ見しながらも、
リンクの中に「数本だけ」生えている春の野花の中、楽しそうに漂うウっちが、
隣のリンクや競技中や待機中の他犬のところにちょっかい出しに行かなかった事が、本当にせめてもの救いだ。
そこがウっちのビビリたる所以。(笑)(本当は、他犬に変な興味を持たぬよう訓練した成果が現われてきた頃)
失格にもならず、その後3科目をしれっとやってのけた(笑)
「これでさっきやっちゃったコトは、チャラね?」と言わんばかりに・・・。
(アタマ真っ白!なワタシとしては、もぉ喜んで失格になってやろう!と思っていた・・・(笑))
リードを外した瞬間に、指導手との信頼関係が問われるのだと痛感した大会だった。

それでも師匠の厳しいレッスンのお陰で、一ヵ月後のFCIでは3席を貰い、人生・犬生初の表彰台に乗った。
あれからワタシとウっちの長い競技生活が始まり、本部で一席を貰ったりもした。

その後数年して、なが~~いトンネルの始まりがあった。

既にトレ・チャンは完成し、何のプレッシャーも無く、時には小さなブランクを入れながらも、
良い時も悪い時もあれど、ちまちまと中等科をお気楽に楽しんでいたらば、
気が付いたらグラ・チャンまであと3Pだった。
ウっち6歳の頃。
「せっかくここまできたのに、もったいないよね?」と、始まったメジャーポイント獲得作戦。

これが、そんなに簡単じゃぁなかった!

基本の五科目を、(飼い主も(笑))飽きるほど叩き込まれたウっちなので、
それを応用した遠隔などは、然程苦労は無かったけれど、それだけじゃぁ駄目だ。
一番苦手な持来を、半ば強制で入れ(師匠の助けを借りた)、
師匠もワタシもウっちの頑固さと打たれ強さを、改めてまざまざと思い知らされるコトになる(笑)

障害飛越も初めての経験。
外での練習以外にも、キッチンの流し台の扉に板を挟んでおっ立てて(笑)、
ご飯の支度の合間にも、「跳べっ!」。

何か新しい科目やクラスに挑戦する時、クラブ競技会などの比較的小さな競技会は格好の練習場所だ。
だから、出陳する競技会も科目の選択も、クラスを変えたりして集中して出した。

けれど、今迄と違う科目やポイントへのプレッシャー、何より20科目という長い競技時間に、
ワタシもウっちもかなりのストレスを感じ始めていた暗黒時代の始まりでもあった(笑)。

競技を初めて数年間、リンクイン直前の吐きそうな(笑)緊張感はあっても、
「コレはやめて帰りたい。」と、真剣に思ったコトなんて皆無だった。でも、あの時期は思った、まぢに(笑)。
「・・・もぉ、ホント棄権して帰りたい!コレは出るの、イヤだ!」

つらつらと書いたけれど、今となっては本当に良い想い出だ。
そのテンション下げ下げの頃のDVDが、ウチミル家から近年発見された(笑)コトは、以前書いたけれど、
「コレを、ど~にか出来ないか?」と思うようになった。
スマホを信用せず、その機能をムダにしているワタシだけれど、これを使わないテはないんである。
かといって、DVDから落とす術など調べてらんないアナログ人間。どーするよ?!

その時、ワタシのアタマに100Wの電球が付いた! ぃや、神が舞い降りた瞬間だ。
「テレビでDVDを流して、ソレを、スマホで録画すればいいじゃん♪てっとり早いぢゃん♪」
昔、TVから直接テープレコーダーで録音した、あの昭和の感覚・・・「しっ!静かにしてよ!」(笑)

結果、撮れたわよぉ~♪ スマホを片手でぶら下げる腕はもんのすごく疲れたけどね。(笑)
スマホはすごいけど、昭和はもっとすごいんだぞ!
自分で楽しむ為なんだから、多少の映りのノイズはへっちゃらなんである。
えっ?ひいた?(笑)

この偉業をマクハラ母さんに話したら、笑いながらもきっちり引いていたのを、
ワタシは見逃さなかった・・・(笑)

以下画像は、テレビをスマホではなく、カメラで撮ったもの(笑)
(スマホのは、もっとちゃんと撮れた(笑))

 「2005年 埼玉訓練士会競技会」
 ・苦手な脚側行進
c0159512_14212816.jpg

 ・初めてのダンベル持来:ウっちは「ひゃほ~♪」、指導手は「唖然・・・」
   (「持って来い!」と言う前に、勝手に 張り切って取りに行った図、指導手がっかり、の背中(笑))
c0159512_14213891.jpg
 ・初めての障害飛越。
   がんばったっ!!
c0159512_14221163.jpg
こうして今見てみると、「体符」有りやらナンやら、ワタシ、こんなにヘタくそだったっけ?と思うと同時に、
「やめちまえ~!ヘタクソ指導手!」と、ヤジりたくなる(笑)

それでも、「頑張ったね。」と思う。

師匠の愛犬のシェパード(これまた凄い!)の動きを、毎日の様に目の当りにしていたワタシは、
無謀にも、シェルティのウっちにそれを求めていた気がする。物足りなさを感じていなかったと言ったらウソになる。
だから最初の頃、競技会で表彰台に乗っても、嬉しさの反面ウっちの高評価のワケが分からなかった。
初戦で凹んだワタシは、「ウっちって、競技には向いてないんぢゃね?」と思ったけれど、
師匠は、あの初戦の直後に、「ウっちが競技会に向いているコトが分かった。」と言い放った。
・・・なんで?!
でも、いつの頃からか、そして今、こうして客観的に観る時、そのワケが分かる気がする。
それは、あの頃、毎日コツコツと頑張った数センチ単位の練習であり、繰り返してきた位置調整だったりする。
勿論、欠点も有る。今だったらこうするかなぁ?と思ったりもする。

でも、やっぱり、ワタシはウっちの服従が好きだ。
憧れたあのシェパードの動きでは無いけれど、座る時にオシリをモゾっとする欠点は治らなかったけれど、
それでも、あの「ふわぁっ♪」とした、あのウっちの軽やかさが大好きだ。


 ・こちらはオットとミルち、「愛の劇場」
c0159512_14223417.jpg
c0159512_14222351.jpg
ミルちは、客観的に観ても良い動きをする子だと思う。
だけど、「競技」の動きではなく、「お散歩気分♪」だ。
ミルち担当のオットは、「訓練はするけど、競技会にはそんなには出さない。」と言っていたので、
まぁ、それが良く現われている(笑)。

が、この大会の後、きちっと調整し直し、初めての春の本部競技会に出陳。
初等科だけど、一席頂きました(笑)やれば出来る子。
「ピヨピヨ♪」したミルちの服従作業。これはこれでワタシは好きだ♪


そんなこんなで、ウっちもミルちも何だかんだとその後も出陳したりしたけれど、
「もっとこうすれば。」と思う事もある。
でも、反面、「これで良かったんだ。」とも思う。

何故ならば、競技見本とされる服従が、必ずしも自分好みの動きとは限らないから。
「もっとこうだったら。」と思う気持ちを持ちつつ、
自分達のスタイルで競技を楽しむのも、結果はどうあれ、競技会の醍醐味なのかも知れない。


あの懐かしい江戸川の河川敷。
あの頃の様にのんびりと腰掛けて、ウっちともう一度眺めてみたいなぁ、と、思う春の日です。




[PR]

# by wendymilfy | 2017-04-21 15:03 | 訓練・競技会 | Comments(8)